秋田県 県政だより か・だ・ろ akita PDF版を見る 美の国あきたネットに戻る
秋田県 県政だより か・だ・ろ akita
美の国あきたホーム県の広報広報紙県政だより「か・だ・ろ akita」 2月号
秋田県 県政だより か・だ・ろ akita
秋田のおいしさいただきます!
秋田のおいしさいただきます!
秋田のおいしさいただきます!
「早寝、早起き、朝ごはん」の大切さ
秋田県の子どもたちが今、全国から注目されています。背が高いなど体格もよく、学力が2年続けて全国のトップクラスであること。これは、少人数学習などのきめ細やかな指導方法とともに、「早寝、早起き、朝ごはん」などの規則正しい生活習慣が子どもたちの学習意欲につながっていると考えられています。
すごいぞ朝ごはんパワー!
すごいぞ朝ごはんパワー!朝ごはんを食べると体だけでなく脳も活性化されます。脳は、物を考えるだけでなく、心臓や多くの臓器の働きもコントロールしていますが、ブドウ糖を供給しないと働きません。眠っている間も働いているので、朝起きたらごはんを食べてブドウ糖を送ってあげないと、脳が働けません。
だから、朝ごはんは、とても大切な役割を果たしているのです。

しっかり睡眠が元気のもと! 朝ごはんは毎日ちゃんと食べてねしっかり睡眠が元気のもと!
でも、朝起きてすぐには、「なかなか食欲がわかなくて…」という人もいますが、きっと睡眠が充分ではないからでしょう。朝になってもすっきりと目覚めず、食欲もなくて朝ごはんが食べられない。だから脳はエネルギー不足のため、元気を盛り上げる仕組みを動かせず、午前中に仕事や授業に集中できないのです。そして、生活のリズムが乱れたまま一日を過ごしてしまい、就寝時間の遅さから夜食を食べたりして眠ると、翌朝は空腹を感じずに朝食を抜くことになって…と、悪循環が続いてしまうのです。
さぁ、今日から悪循環を断ち切りましょう!!

か・だ・ろakita

毎月19日は「食育」の日
「食育」の主役は県民の皆さんです。「しっかり食べて健やかに〜家庭、学校、地域が手をたずさえて〜」をスローガンに、みんなで「食育」を推進していきましょう。そのために県では「五つのアクション」を提唱しています。
●食育とは…子どものころから生涯にわたって「食」について考え、健全な食生活ができる力を身に付けていくことです。食育は、健康な心と体を培い、豊かな人間性をはぐくむ基礎となります。
毎月19日は「食育」の日
毎月19日は「食育」の日
一つ
家族みんなで楽しく食事をしてね!
二つ
朝ごはんは毎日ちゃんと食べてね!
三つ
うす味でバランスよい食事をしてね!
四つ
地物、旬のものを味わってね!
五つ
食を通して「あきた」を知ろうね!
少しの心掛けで、心身が元気になり、地域も元気になります。
毎日、できることから実践してみましょう!

か・だ・ろakita

地産地消で心身のレベルアップ
自然は、その土地で最も適した時期に無理なく作られ、食べごろに収穫されるものを旬の農産物として私たちに供給してくれます。
1: 旬のとれたての農産物は、その土地で暑さ
2: 寒さに対応できるように育ち、本来のおいしさ二重丸。
3: 旬の農産物は自然の恵みがいっぱいで、栄養もたっぷり。
4: 伝統料理は地域で生きていく知恵がびっしり。地産地消のお手本。
5: 地域の農業を知るよい機会。誰が作ったのかが分かる安心感。
毎月19日は「食育」の日
自然の恵みをいっぱいに受けて、その土地で食べるのにふさわしく育った地元の農産物の命をいただいて、知恵と工夫で地産地消の食生活を心掛けましょう。
私たちも地産地消に取り組んでいます!

か・だ・ろakita

秋田の味を首都圏へ
秋田の味を首都圏へ 女子栄養大学で開催した「あきたの郷土料理教室」昨年の6月から今年1月まで女子栄養大学駒込キャンパス(東京都)において「あきたの郷土料理教室」を4回コースで開催しました。毎回40名の参加者を募集しましたが、反響が大きく一週間で定員に達するほどでした。参加者は主婦の方が半数くらい、あとは料理教室を開講している方、プロの料理人の方などでした。
女子栄養大学の先生を講師に使用した食材の栄養について講議をいただいたことも、健康を気遣う参加者に受け入れられ、また秋田の郷土料理を地元直売所の女性たちが直接指導したことも大好評でした。参加者は首都圏では珍しいゼンマイやミズなどの食材の扱い方や指導する女性たちの熟練した手さばきに見入っていました。
秋田県の食に関する印象としては「豊富な食材がうらやましい」「様々な食文化があり、とても興味深い土地だ」などの声が寄せられました。
首都圏の方々に郷土料理をお知らせすることで秋田に親しんでいただくことができました。
秋田の味を首都圏へ
秋田の味を首都圏へ


お問い合わせ
県秋田の食販売推進課TEL 018 (860)1763 FAX 018 (860)3806



前のページに戻る トップページに戻る 次のページに進む



編集・発行 秋田県情報公開センター
〒010-8570 秋田市山王四丁目1番1号
TEL 018(860)1073
FAX 018(860)1072
kadaro@mail2.pref.akita.jp
 
 
AKITA Prefecture All Rights Reserved. 各ページの記載記事、写真の無断転載を禁じます。