[2006年9月28日 登録]

秋田県庁産業経済労働部だより(第22号)


秋田県庁産業経済労働部だより(第22号)

平成18年9月28日発行


      


 秋田県ゆかりの皆様へ


 
写真)北東北大型観光キャンペーン全国         写真)秋田県商工会女性部会「もてなし隊
販売促進宣伝会議での一コマ                表敬訪問時の一コマ

 


【 季節や観光の御案内 】

 

写真)北秋田市 内陸縦貫鉄道と紅葉

 9月末になって県内の気温もぐっと下がり、朝晩は寒いくらいです。この寒暖の差が、写真のような綺麗な紅葉を産み出します。
 また、県内各地で稲刈りが始まり、実りの秋一色となってきました。実りの秋と言えば、皆様何を思い浮かべますか?
 秋田の秋は・・・・・・・・
 田んぼでは”コメ”の収穫が、畑では”リンゴ”や”梨”が、そして山では”松茸”や”なめこ”等、秋の恵みが溢れています。
 秋田では、この時期が、一年の中で一番、食卓が賑やかになるのではないでしょうか。

鹿角産リンゴです。リンゴと言えば、青森県や長野県が有名ですが、秋田県内でも生産されています。中でも、鹿角地域や平鹿地域でリンゴの生産が盛んです。
一度、秋田産リンゴを御賞味下さい。
 
 秋田産リンゴとリンゴ狩り

「なめこ」

天然の”なめこ”です。ブナの倒木にひっそりと生えているため、素人が見つけるのは至難の業ですが、歯ごたえ、ぬめり共に絶品です。
和え物から酒のつまみまで、ピッタリです。

「なら茸」
別名「さもだし」とも呼ばれるようですが、みそ汁から煮物まで幅広い需要があります。比較的クセが無いことから、煮ても、炒めても美味しくいただけます。

「舞茸」
スーパーなどで見る舞茸とは、大きさも色合いも異なりますが、天然の舞茸です。天然ものの大きな違いは、やはり香りでしょうか。ちなみに天然物は非常に高価です。

「舞茸」
これも舞茸です。上の写真とは多少色合いが異なりますが、時期などによって多少の色合いが違うようです。

紙面では紹介しきれないほどの秋の味覚が沢山あります。
秋田の秋は、これからが本番です。
美味しい山の幸、紅葉を満喫してみませんか?
皆様の御来県を心よりお待ちしております。

 

来月のイベント予定

開催日

イベント名(開催場所)

9月17日~
11月19日

むらっこ物産館開催#65378;旬の味覚祭り#12301; (仙北市)

9月30日~
10月29日

阿仁のゴンドラで観る森吉山紀行「紅葉観賞」 (北秋田市)

10月07日

由利高原鉄道特産品まつり (由利本荘市)

10月08日~10月21日

マタギの里「きのこ祭り」 (北秋田市)

10月13日~10月16日

第14回川連塗りフェア2006 (湯沢市)

10月14日

新米まつりin大潟 (大潟村)

10月15日

秋田市中央卸売市場 市場まつり (秋田市)

10月14日~10月15日

きみまちの里フェスティバル (能代市)

10月14日~10月15日

全国ジャンボうさぎフェスティバル (大仙市)

10月22日

五城目朝市「秋のきのこまつり」 (五城目町)

10月21日~10月22日

大仙市秋の稔りフェア (大仙市)

10月21日

カメラ片手に参加しよう!鹿角ナイスショットイベント「十和田湖の絶景スポットをめぐる無料バスツアー」 (鹿角市)

10月22日

ふたつい白神郷土の森 秋の自然観察会 (能代市)



秋田の観光情報なら・・・あきた.ファンドッと.コムへ

(↓クリックすると「秋田の観光」が全て分かります)

 

【 産業経済労働政策情報 】


秋田県産業振興会議 第1回 工業部会開催される 


  秋田県産業振興会議は、本県工業構造の高度化並びに商業・サービス業の活性化など産業振興施策の方針等を検討するため設置されていますが、このたび、第1回工業部会が開催されました。

詳細はこちら

 

コールセンター業務説明会と合同就職面接会の開催について


 秋田県では、「人材マッチングフェア」(秋田労働局、ハローワーク秋田、雇用・能力開発機構主催)の会場内に「コールセンター業務紹介コーナー」を設置し誘致コールセンターの業務等の紹介を行います。県・市誘致のコールセンター事業所と、コールセンター業務に興味がある求職者・新規学卒者(その保護者・進路指導担当者の参加も可)を対象とした就職面接会を開催します。

写真)過去の就職相談会の様子

詳細はこちら

 

企業・大学等合同就職協議会(情報交換会)開催のお知らせ

 

 県内外の大学等の就職担当の方に、県内企業等に対する認識を深め、学生の県内就職への支援について御理解いただくことを目的に、平成20年3月卒者の採用に向け、県内企業と大学等との合同就職協議会(情報交換会)を開催いたします。
 昨年度参加された企業や大学等へは文書で御案内しておりますが、それ以外の企業や大学等の方も御参加できます。たくさんの企業や大学等の皆様の御参加をお待ちしております。

 

詳細はこちらから

 

秋田産業サポータークラブ講演会開催!

「我が国の石油開発の将来を拓く~秋田県の果たした先駆者の役割~」

 首都圏の産業界で活躍されている秋田ゆかりの方々から、秋田の産業・経済を応援して頂くための会員組織「秋田産業サポータークラブ」の活動の一環として、当該クラブのリーダーズの一員で、三井石油株式会社顧問の佐々木詔雄氏を招いて以下の通り講演会を開催しますので、関心のある方は是非ご参加下さい。

 

詳細はこちらから

 

若年者に対する就職のための各種支援


 県では若年者の就職活動をサポートする各種メニューを用意しております。関係各機関で実施するものも含め一覧表にいたしましたので、近くに就職活動をしている若年者がいる方は是非、御活用ください
 

詳細はこちら



 【 関連情報のご案内 】


第3回暮らしに香る秋田杉の桶と樽展
(大阪)



 高島屋大阪店で9月27日(水)から10月3日(火)まで「秋田杉桶樽」(あきたすぎおけたる)の展示即売会が開催されます。 展示会では、おひつ・すし半切・漬物桶など毎日の食生活を支える器や道具、花器・水桶・湯桶など生活に潤いをもたらす工芸品類、酒樽・糀蓋・角樽・冷酒用クーラーなどお酒に関連した様々な容器や器を展示します。この機会に素材の良さを生かした秋田の職人の技を是非ご覧ください。

続きはこちら


 

おいしい秋田!秋の大収穫祭開催!

 

 一年中豊かな実りを届けてくれる秋田の気候風土ですが、秋こそが最も多くのおいしさを届けてくれます。収穫を終えたばかりの「田んぼ」からは「新米」が、山からは真っ赤に色づいた「りんご」や取れたての「きのこ」が食卓をにぎやかにしてくれます。
 秋田を代表する郷土料理の「きりたんぽ鍋」も一年で一番おいしい季節を迎えます。東京有楽町の「秋田ふるさと館ではそんな「おいしさいっぱいの秋田」からこの季節ならではの逸品を皆様にお届けします。秋田の自然をそのまま食してみて下さい。

続きはこちら




県外アンテナショップだより 

県内の特産品関係事業者の皆様へ ~福岡アンテナショップから~

 福岡アンテナショップ内には特設販売スペースがあります。ここは、青森・岩手・秋田の特産品製造・販売事業者等の皆様がアンテナ機能を利用した販売を目的とする共有スペースです。本県関係者の利用を是非お待ちしております。利用条件としては・・・・

続きはこちら


 

あなたも「ふるさと博士」になりませんか?

 秋田地域力向上戦略会議が、「秋田ふるさと検定(3級)」を実施します~


  「秋田ふるさと検定」は、秋田県の歴史、観光、祭り・行事、自然、生活文化、産業の6分野についての知識を学び、『ふるさと秋田』のすばらしさを再認識するとともに、県民一人ひとりが身近な観光案内人として秋田の魅力を積極的に伝え、お客様に対する「おもてなしの心」の向上を目的とするものです。県内外を問わず、誰でも受験できます。あなたも「ふるさと博士」目指して勉強してみませんか?

 

詳細はこちらから



来てみて秋田 全県商工会おもてなし祭り2006


 10月21~22日の両日、大仙市で「来てみて秋田 全県商工会おもてなしまつり」が開催されます。これは、「地産知商」をテーマに、商工会ならではの「もてなしの心」により、広く県民の皆様に「知商」を伝えるために、商工会連合会と全県の商工会が結束して行う初めての事業です。皆様のご来場をお待ちしております。詳しくは下記連絡先にお問い合わせ下さい。

秋田県商工会連合会 TEL 018-863-8491 FAX 018-863-8490



 

エコタウンフェスタ in  能代  開催




 平成18年10月20~22日に、能代市で、環境と調和したまちづくりを進めるため、「環境」をテーマに、地域の活性化や資源循環型産業の振興のきっかけを目的とした「エコタウンフェスタin能代」を開催します。
  フェスタでは、新エネルギーをテーマとした基調講演、パネルディスカッションの他、資源循環や環境保全に関する企業・団体等の紹介、燃料電池自動車の展示試乗会などを予定しております。  皆様の、ご来場をお待ちしております。

詳細はこちらから


 

※今月号の課室長ペンリレー及び県外事務所通信は、都合により次号へ掲載致します。



注意事項


編集・発行  秋田県産業経済労働部  産経部だより編集グループ    
発行責任者  加賀谷誠一/田上文啓/佐藤文一
連 絡 先  sangyo@mail2.pref.akita.jp  
(本メールについての、ご意見、ご感想等ありましたら、どうぞ遠慮なく、返信をお願い致します)


お問い合わせ

産業労働部 産業政策課
TEL:018-860-2211   FAX:018-860-3887   E-mail:sansei@pref.akita.lg.jp

このページを紹介する