環境と調和に配慮した農業農村整備事業の基本的な考え方

国は、平成13年度の土地改良法改正により、農業農村整備事業を実施する際には、原則として「環境との調和に配慮すること」が位置づけ、その基本的な考え方を要綱や基本方針に示しています。