絶滅危惧種IA類 イバラトミヨ雄物型(ハリザッコ)

文字:絶滅危惧種イバラトミヨ

トゲウオ目トゲウオ科トミヨ属のイバラトミヨ(学名:Pungitius pungitius)は、全国では北海道、青森、秋田、山形、新潟に見られるますが、中でも秋田県の雄物川水系を中心に生息する「イバラトミヨ雄物型」は環境省や秋田県が絶滅危惧種に指定しています。
 イバラトミヨ(雄物型)はきれいな湧水及び湧水性の水路に棲み、水草等で巣を作り産卵します。体長は5cm前後で背びれに鋭いとげがある事から、地元では通称はりざっこ(あるいはとぎざっこ・とんぎょ)などと呼ばれています。