お知らせ

「介護マーク」の普及を推進しています!


秋田県では、認知症の方や障害者の方を介護する者が、周囲に介護中であることを理解してもらうための「介護マーク」の普及を推進しています。

みなさんのご理解が、やさしい秋田をつくっています。

 

 

▼介護マークとは?  

「介護マーク」とは、介護をする方が介護中であることを周囲に理解していただき、誤解や偏見を受けることがないようにするためのマークです。
平成23年に静岡県で考案され、賛同した自治体が全国で普及に向けて取り組みを進めています。
マークを印刷したカードを、首から下げるなどしてご活用ください。

▼こんな時に、ご利用ください       

・介護していることを周囲にさりげなく知ってもらいたい時
・駅やサービスエリア、お店などのトイレで付き添う時
・男性介護者が女性用下着を買うとき

▼配布について

印刷して、カードケースに入れるなどして、ご利用ください。

データは下記からダウンロードできます。

介護マーク.pdf

 

また、ページ上方に掲載しているとおり、介護マークをPRするためのチラシを作成しました。下記からダウンロードできます。
職場等に掲示していただき、すべての人にとってやさしい環境づくりに御協力をお願いします。

介護マークPRチラシ.pdf