地方分権改革

国が持っている権限や財源を地方に移し、住民に身近な行政サービスを都道府県や市町村が地域の実情に応じて行うことができるように行政の仕組みを変えることで、個性豊かで活力ある地域社会の実現を目指すものです。県では、県民の皆さんに関心や理解を深めていただくため、さまざまな事業を実施するとともに、全国知事会等を通じて、地方の声を国に反映させていきます。

※あきた分権サイトは、改修のためしばらく停止します。