県民の意識・意見

地方自治体が行政を進めるに当たって、納税者であり受益者である住民のニーズを的確に把握し、最小の費用で最大の効果を上げるよう努めていく必要があります。

また、住民は受益者である一方、地域の課題解決や地域づくりなどについて、行政やNPOなどとともに自ら主体的に参画していくことが求められています。

秋田県では、こうした県民ニーズの把握や県民との協働を進めるため、「県民意識調査」の実施や様々な意見交換などの場の設置などを行っています。

県民意識調査

秋田県では、県の施策に対する県民の意識やニーズを把握し、県政の推進に活かすことを目的に「県民意識調査」を実施しています。

調査結果は、政策評価や政策・施策の進行管理に適切に活用するほか、新たな県政の運営指針となる「第2期ふるさと秋田元気創造プラン(仮称)」の策定などに活用しています。

なお、調査の概要は次のとおりとなっています。

知事と県民の意見交換会

県政の課題解決に向けた取組の方向性について、県民の皆様のご意見を伺うため、知事が直接意見を交わし、出された意見を県政に反映させるために開催しています。