秋田県地球温暖化防止等臨時対策基金(国の名称:地域グリーンニューディール基金)について

2015年09月29日 | コンテンツ番号 9987

 環境省では、地球温暖化問題等の喫緊の環境問題を解決するため、平成21年度に地域グリーンニューディール基金(二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金及び地域環境保全対策費補助金)制度を創設しました。
 本県では、この基金(補助金)を財源として「秋田県地球温暖化防止等臨時対策基金(8億9280万2千円)」を造成し、平成21年度から平成23年度までの3年間に、温暖化対策、廃棄物対策及び海岸漂着物関係の事業を実施しました。
 この事業を実施したことにより、年間二酸化炭素削減量約2,160トンに相当する設備の導入等が図られました。
 3年間の基金事業の概要及び基金の執行状況は、ダウンロードに掲載のPDFファイルをご覧ください。