平成29年度国際交流員(CIR)・スポーツ国際交流員(SEA)紹介

2017年09月11日 | コンテンツ番号 9874

 国際交流員(CIR:Coordinator for International Relations)は、地方公共団体の国際交流担当部局等に所属しており、国際交流関係業務の補助、外国からの訪問客の接遇、通訳・翻訳等に従事しています。
 また、スポーツ国際交流員(SEA:Sports Exchange Advisor)は、地方公共団体に所属しており、特定種目のスポーツ専門家として、スポーツトレーニング方法やスポーツ関連事業の立案の補助などを通じて、国際交流活動に従事しています。
 現在、秋田県庁・教育庁合わせて7名の国際交流員と1名のスポーツ国際交流員が働いています。
 本人たちの自己紹介文をどうぞご覧ください。

  • 国際課(CIR)
    • ジェニファー・キャンベル
    • パク・ヤナ
    • 柳 小靖(ユ ソジョン)
    • 鄒 雲濤(スウ ウントウ)
    • 羅 旭(ラ キョク)
  • 商業貿易課(CIR)
    • 崔 紅蓮(サイ コウレン)
  • スポーツ振興課(SEA)
    • ジョシュア・ケレビ
  • 教育庁高校教育課(CIR)
    • クリスティーナ・タン

1.名前とその意味 2.出身地 3.経歴 4.趣味 5.CIRから一言・秋田の印象

国際課

ジェニファー・キャンベル(米国)

写真:ジェニファー・キャンベルさん

  1. こんにちは皆さん!ジェニファー・キャンベルと申します。でもジェニーと呼んでいただいても大丈夫です。名前は英国に由来しています。「キャンベル」(Campbell)という意味は「嘘つき」ですが、私はそうではありません!実はキャンベルの名字はスコットランドの王族の一つです。だから、嘘つきという意味ですが、面白い名字です。そして、「ジェニファー」(Jennifer)の源泉はイギリスのアーサー王の伝説から来ました。アーサー王の夫人は「グイネヴィア」(Guinevere)と呼ばれていて、すごくきれいな女王様でした。
  2. 出身地はアメリカのウィスコンシン州です。町の名前は「シャノー」(Shawano)と言います。冬はすごく寒くて、積雪量何メートルにもなります。だから、冬と雪が大好きです。毎年、一回程度ですがシャノーのスケート場へ行きます。
  3. 2013年、一年間東京に留学しました。KCP日本語学校で日本語を勉強して、琴と茶道と歌のクラブに参加しました。2014年カーセージ(Carthage)というアメリカの大学に戻って、日本語の専門を続けて、日本語の社会言語学について卒論を書きました。2015年5月に卒業しました。
  4. 趣味がいっぱいありますが、特に楽器を弾くのが好きです。コントラバスとギターを弾いて、中学生の頃からオーケストラに参加しています。音楽以外に料理と裁縫することが好きです。時々、コスプレイのためにコスチュームを作ります。そして、最近お茶を飲むことに興味を持ってきましたから、色々なお茶のアレンジの仕方を学びたいです。
  5. 秋田空港に到着したばかりは、すごくドキドキしてしまいましたが、今は落ち着きました。秋田は楽しい祭りがあって、皆は毎日元気なので、嬉しいです。秋田県は美人で有名ですが、それより美しい心で素晴らしいと思います。

パク・ヤナ(ロシア)

写真:パク ヤナさん

  1. こんにちは。ロシアから来たパク・ヤナと言います。「ヤナ」という名前は両親が付けてくれましたが、ヘブライ語から「冥加」だと訳すことができるようです。
  2. 朝鮮系の4世で、いわゆる精神的なハーフでもある私はサハリンという島で生まれ育ちました。自然に恵まれた地方で気候は北海道に似ていると日本人によく言われます。ロシアと日本の経済協力の重点項目の一つはサハリンでのLNG開発で、日本企業も深く関わっています。また、国際交流も盛んで、例を述べると北海道フェアー・日本文化祭などのイベントが定期的に行われ、地元民にも大人気です。そして、サハリンは冬が綺麗で様々な活動ができます。スキー場が営業していて、ロシア極東の主要都市として知られるウラジオストクやハバロフスクから訪れるスキー客や外国人の来客も見られます。
  3. 子供の頃は何よりも外で友達と遊ぶのが好きでしたが、小学生になってからは読書するのが楽しみの一つでした。小学校2年生からダンス部に入って8年間も活躍しました。高校を卒業し、韓国のソウルでの留学生活を体験しながら世界各地の人と知り合いになって、いい思い出になりました。そしていつの間にか日本語を勉強することになりました。それはなぜかというと知的な好奇心を満たしたかったので学習し始めたのだと思います。日本が近くにあるのにも関わらずその国・社会・日本式の考え方などについての知識を得にくかったからです。
  4. 自分はどんな人物かと聞かれると、時にはよそよそしく、無反応に見なされるかもしれませんが、それはあまり親しくない人の前での感情表現は苦手だからです。趣味は特にありませんが、読書・音楽・心理学・情報の分析・研究等が好きです。最近はヘルシーライフスタイルに対しても興味を持つようになりました。
  5. 今回、国際交流員として来日したのも秋田県に来たのも初めてです。自分が何よりもロシアの代表者として来県したのを理解し、日露両国間関係をより深めるよう頑張りたいと思います。

柳 小靖 (ユ ソジョン)(韓国)

写真:ユ ソジョンさん

  1. はじめまして!柳小靖と書いてユ・ソジョンと読みます。韓国で「柳」という名字は「ユ」と「リュウ」の中で選ぶことができますので私は「ユ」を選びました。名前は父が付けてくれましたが、小さい安らぎを求めつけたらしいです。大きい安らぎは人を怠け者にする恐れがあるため、誠実に働きながら少しだけ楽な人生を送りなさいという意味でつけたそうです。
  2. 韓国の首都、ソウルで生まれ育ちました。地元は明洞(ミョンドン)からだと地下鉄で30分距離のベッドタウン蘆原区(ノウォン)という町です。ノウォンは教育熱の高いところで塾や学生も多く、とても賑やかな町です。また、犯罪率がソウルで一番低い安全で平和な町でもあります。最新の流行を先取るところなので、ソウルにいらした際にはぜひ寄ってください。
  3. 秋田に来る前はK-POPアイドルの記事を日本語で作成し、ホームページに掲載するお仕事に就いていました。韓国のバラエティ番組を見て記事にしたり、最新ニュースを日本語で翻訳する仕事をしました。日本の人に情報を発する中で、芸能だけではなく、いろんな分野で活躍したいと思い、国際交流員に挑戦しました。
  4. 野球観戦と旅行、グルメツアーなど趣味は色々ありますが、最近できた趣味はスノーボードです。スリルが味わえてハマってしまいました。上達のためにこれからも練習していきたいと思います。秋田にはスキー場がいっぱいありますので冬がとても楽しみです!あと、作家の東野圭吾さんが好きで、推理小説を読むことも好きです。
  5. 今まで秋田に関して知っていたのは佐々木希、きりたんぽくらいでしたが、秋田駅で降りたときの第一印象は、空が低くて綺麗!ということでした。あと、平和で静かな町だと感じています。自然豊かなこの秋田に来ることができ、とても嬉く思っています。国際交流員として秋田にいる間、ハイキング、スノーボード、温泉など秋田の自然を制覇(?)して秋田通になりたいと思います。来てすぐきりたんぽを食べましたが、とても美味しかったです!色んなところで色んな美味しいものを堪能しながら沢山の日本の方々と触れ合い、韓国を伝え、秋田の魅力も感じていけたらと思います。

鄒 雲濤(スウ  ウントウ)中国)

写真:スウ ウントウさん

  1. こんにちは。鄒 雲濤(スウ ウントウ)です。苗字の鄒は雛(ひな)の字に似て、右が邑(おおざと)のつくりです。鄒は春秋戦国時代(前770~前221)の小国で、孟子の生地として知られています。名前は祖父がつけてくれたもので、はるか水平線のかなたの雲とも波とも見分けがたいようなところをいうらしいですが、雲と濤のつり合いがもたらす中性的なイメージのほか、個人的に感じてしまうみずみずしさ(どちらも水のせいか)と力強さが気に入っています。
  2. 生まれ故郷は中国四川省の小さな田舎町ですが、そこで過ごした月日の記憶は、いつも色のついた私の原風景として思い浮かべることができます。楽山(ラクザン)市には世界一大きい大仏(磨崖仏マガイブツ。盛中唐)が三江合流の地点にあり、近くの峨眉山(ガビサン)とともにユネスコ世界文化と自然複合遺産に登録されています。ちなみに、日本でもおなじみの麻婆豆腐、回鍋肉、担々麺のいずれも四川の料理です。ミシェル・オバマ夫人も召し上がった火鍋もぜひ本場で味わって下さい。あとパンダも四川の名物です。成都(セイト。蜀の国の都)にはパンダ繁育研究基地があり、一生分のパンダ見たという日本人旅行者の口コミが笑えますが、体験の濃密さも垣間見えるのではないでしょうか。ここではパンダが木に登っていたりするのが間近で見られ、母子園や幼稚園もあり、触れ合いまで楽しめるまさにパンダ天国です。
  3. 西安外国語大学で日本語を学び、卒業後、蘭州大学で日本語教師を12年間半してきました。甘粛省蘭州市には仕事と新しい家族の関係で住みついたのですが、こちらも都になりつつあります。2005年の冬にJICAの青年招へい事業で大阪、京都、福井(ホームステイ)、長野、東京を見学訪問し、2011年には文学研修のため同志社大学に客員研究員として1年間おりました。
  4. 四川の風土のおかげでおいしい食べ物を求めながら生きています。簡単ヘルシー天然美味がわたしの料理基準(目標)です。東坡肉ならできばえも満点。読書、山登り、散歩、お店めぐって品定めをする(断捨離の一環として、よほどでなければ買わないと決めていますが)のが好きです。
  5. 「ことばを超えて、人をつなぐ」。私は日本語を通じて、その背後にある人や文化にひきつけられています。日本には、外国の人々に知ってもらいたいものがたくさんあり、素敵な仕事をしている方も多いです。それらのことをほんの少しでも紹介し、人をつなぐ仕事をもっとしてみたいです。おととしの冬、母になった私がもっと強く、おもしろい人にならなければと思い、JETプログラムに応募しました。秋田は初めてですが、来る前から親しみを感じています。あの秋田美人の白黒写真で象徴される、秋田の素朴でゆたかな美しさに出会っていく旅がスタートです。高質な田舎、美の国あきたでならきっといい体験がいっぱいできると信じて、郷に溶け込んでいきたいと思います。

羅 旭(ラ キョク)(中国)

写真:ラ キョクさん [71KB]

  1. みなさん、こんにちは。羅旭(ラ キョク)と申します。羅という名字は火の神から継承したものであり、紀元前690年から使われ、歴史が非常に長いですが、多くは見られない名字なのです。「旭」は朝日を意味します。生まれてきてすぐ朝を迎え、自分の世界を照らしてくれたと父が言っていました。もっとこの世界を照らしてほしいと父が思い、名付けたそうです。今まで明るく成長してきたこともこの名前のお蔭だと私は思っています。
  2. 出身地は中国天津市の河北区です。天津市は首都北京と隣り合わせており、中国北方最大の国際港湾都市です。天津から北京まで車で3時間、高速鉄道列車なら一日に80本、最速で29分ほど到着できます。「天津」という名前は「天子(皇帝)が渡した港」を意味し、明朝に設けられた都市です。名勝である「古文化街」の近くに住んでいたので、小さい頃からよく通っていました。書道、古書、玉の器などに触れ合い、古典文化の魅力を感じ、深く興味を持ちました。それゆえ、漢言語文学を大学の専攻にしました。
  3. 私は師範大学文学部漢言語文学(中文)学科を卒業し、教育学の知識の不足を感じ、日本へ留学しに来ました。日本へ来てゼロから日本語を勉強し、一年半後に大学院に進学しました。教育学を研究し始め、同年、中国語講師になり、中国語を外国語として教え始めました。僅かな2年間ですが、国際漢語教師としての貴重な経験を獲得し、楽しく異文化の交流が実現できる国際漢語教育のやりがいも感じました。大学院修了後、中国へ帰国し北京の大学で日本語教師として勤め始めました。そのほか、日本語スピーチコンテスト(北京首都師範大学と提携した広島大学主催)の指導や日本留学生との交流活動、日本への修学旅行の指導教員も担当していました。また、大学以外に、日中通訳と中国語の非常勤講師もしていました。
  4. 趣味はいっぱいあります。絵画、旅行、読書、ピアノ、映画、手工芸など数えきれないほどあると思います。一番好きなのはやはり絵画です。描ける程度で上手ではありません。小さい頃からずっとやってきたので、描くのも楽しいし、見るのも好きです。二番目は旅行です。旅に出ることで、学校で得られない知識が獲得できるので好きです。そして、ハーマン・メルヴィルの跡を追いかけ、白いクジラを見ることが私の夢です。
  5. 秋田とのご縁は深いと思います。子供の頃大好きなアニメ「クレヨンしんちゃん」によく秋田のおじいさんが出て、お米の美味しい所へ一度行ってみたかったのです。映画の大好きな私は「忠犬ハチ公」を見て何回も感動して泣きました。いつもその映画を思い出すたびに、涙目になります。ハチ公の故郷を訪ねることも夢でした。今年JETをきっかけに秋田に参りました。留学時にお世話になった恩師が秋田の出身とのこともつい最近知りました。どんどん秋田が好きになった私は本当に鈍感でした。いつも私のことを心配してくださった心の優しい先生の故郷である秋田は本当に憧れになり、自分もこの美の国で心の美人になり、活躍していきたいと思っています。それから、日中両国の文化交流の為に、秋田県と天津市の交流の架け橋にもなって、頑張っていきたいと勇気が湧いてきました。

商業貿易課

崔 紅蓮 (サイ コウレン)(中国)

写真:サイ コウレンさん

  1. 皆さん、こんにちは。崔 紅蓮(サイ コウレン)と申します。中国語で(チゥイ ホンレン)と読みます。朝鮮語では(최홍련)と書いて、(チェ ホンレョン)と読みます。崔は多くの朝鮮族が持っている苗字の一つで、名前の紅蓮は紅い蓮の意味です。
  2. 出身地は中国吉林省延辺朝鮮族自治州の琿春市です。琿春市はロシアと北朝鮮と国境を接していて、「北東アジアの金三角」と言われます。人口が25万人である小さい町ですが、2015年に高速鉄道が開通して、交通がさらに便利になり、益々多くの観光客が訪ねています。食べ物はキムチや冷麺等も有名ですが、特に羊肉と牛肉の串焼きが最高です。おいしい食べ物がたくさんあり、一目で三国を望むことができる美しい琿春にぜひおいでくださいね。
  3. 中国では琿春辺境経済合作区科学技術局に勤めています。中学校から日本語を勉強し、大学で日本語を専攻しました。大学卒業後からずっと日本語と関係ない仕事をしていて、残念に思っていたところ、2015年に日本研修の機会があって、鳥取県の観光交流局交流推進課で10ヶ月間の研修を受けました。この度、またJETプログラムの国際交流員として秋田県庁で仕事をさせていただくことになり、心より嬉しく思います。
  4. 趣味はいろいろありますが、ドライブが一番好きです。週末に家族と一緒に車で景色のいい所へドライブすると、気持ちが本当にいいです。最近は、花が大変好きになって、各種類の花をたくさん買って育てています。
  5. 秋田に来たばかりですが、故郷と雰囲気が似ているので親しみを感じています。両国交流の架け橋として、これからも秋田の魅力をたくさん見つけながら、秋田のことを中国に伝え、もっと多くの人々が秋田を了解するように頑張りたいと思います。

 

スポーツ振興課

ジョシュア・ケレビ(フィジー)

写真:ジョシュアさん [122KB]

  1. こんにちは みなさん。僕はジョシュア・ケレビです。普段みなさんに「ジョシュ」とよばれています。僕の名前であるJosua は、英語のJoshuaに対するフィジー語表記です。故郷であるフィジーでは、家族の年長者、あるいは家族の親しい友人の名前をもらうのが一般的です。僕は、曾祖父のお父さんの名前をとって名付けてもらいました。もともとジョシュアは聖書由来の名前で、ヘブライ語で、「ャハヴェは救世主」という意味です。僕の名字であるケレビは、父の叔父のうちの一人の名前をとったものです。
  2. 僕は生粋のフィジー出身者で、ラウトカという都市で生まれ育ちました。僕の村は、ラウトカのはずれにあり、「ヴィセイセイ・ヴダ」と呼ばれています。伝統的な言い伝えによると、そこは、フィジー人が初めて海岸にやってきたことから始まったフィジーで最も古い開拓地です。フィジーは、南太平洋に位置する熱帯性気候の小さな島国で、多くの旅行客は、美しい海辺を楽しみます。
  3. 僕は、2013年に天理大学に入学して以来、ずっと、ここ日本で過ごしています。天理大学で日本語を専門的に勉強している間、四年間同大学のラグビーフットボール部の一員でした。僕は今年に入って間もなく三月に大学を卒業し、四月から秋田ノーザンブレッツに加入しています。
  4. ラグビーはさておき、僕は趣味で他のスポーツも楽しみます。一人暮らしを始めてからは、料理をすることも楽しんでいます。僕の他の趣味は観光、海辺に行くこと、それから写真を撮ることです。
  5. 秋田は、働いたり住んだりするには美しい場所です。秋田の人々はとても協力的でもあり、アットホームな気持ちになることもあります。秋田を動き回るのは容易く、特に海辺や公園のような居心地のよい場所へは、便利にアクセスできます。冬はとても寒くなると聞いていますが、僕は秋田での最初の冬を経験することができるのを、とても楽しみにしています。

教育庁高校教育課

クリスティーナ・タン(アメリカ)

写真:クリスティーナ タンさん

  1. 「クリスティーナ」とはキリスト教に従う人という意味です。母はキリスト教を信仰しているので、私の名前をクリスティーナにしました。ちなみに、一般的には「クリスティーナ」という名前は「Christina」と書きますが、私の場合は「Kristina」です。よく字を間違われます。
    名字のタンは「話」を表す旧漢字の「譚」です。両親が台湾人のため、名字に漢字が使われています。
  2. 出身地はアメリカにあるノースカロライナ州のチャペルヒルという都市です。中心に大学があり、森林が多く、きれいな場所と言われています。ノースカロライナ州には世界的な会社が多くあり、ペプシ、クリスピークリームドーナツなどが有名です。また、ノースカロライナ州はバーベキューでもよく知られています。アメリカで一番大きなバーべキュー祭りがノースカロライナ州のレキシントン市で開催されます。
    アメリカのバーべキューは日本とは違います。スパイスをふった肉を長い時間かけて、大きいグリルのような「ピット」というものでいぶします。使った木によって、肉の味が変わります。バーベキューには豚肉を使用します。西ノースカロライナと東ノースカロライナではソースが異なります。西のほうがトマトベースで東は酢をベースにします。ノースカロライナ州の人々は好みのソースについて、よく言い争っていると言われています。チャペルヒルはちょうど西と東の間にあるので、どのレストランでも、お好みのソースで食べることができます。ちなみに、私の好みは酢ベースのソースです。
    日本語を勉強したきっかけは、子供の時からポケモンなどのアニメ・ゲームが好きだったからです。よく英語の字幕がある日本語のアニメを見て独学し、高校生になってから日本語の授業を受けました。どんどん日本文化にも興味をもちました。
  3. ノースカロライナ大学チャペルヒル校でマーケティングと日本語を専攻しました。3年生の時、慶應義塾大学に1年間留学して、日本語を中心に勉強しました。勉強以外に、ダンス、書道、カメラクラブ、カフェ巡りなどのサークルに参加しました。その後ノースカロライナ州に戻って大学を卒業してから、秋田に来ました。
  4. いろいろなことに興味がありますが、ダンスや旅行、食べること、写真などが特に好きです。週末によくカフェ巡りをします。甘いものが好きで、連続でスイーツを食べられます。アジアの国々や日本の旅行もたまにします。新しいところに行くとアドベンチャーのように感じます。また、旅行を通して他の文化に触れたり、いろいろな食べ物を試食したりして、視野を広められるところが好きです。旅行しながら写真を撮ることも大好きです。
  5. 秋田に来てからもう7ヶ月が経ちましたが、最近この新しい生活にやっと慣れました。 秋田市は住みやすいですし、美味しいもの、特に野菜が豊富です。ただ、夏はとても蒸し暑くて、冬はとても寒いです。出身地の気候と全然違います。でも、秋田の雪はいつも真っ白できれいです。冬の祭りも多くて、楽しみにしています。一年目ですが、国際交流員として一生懸命頑張ります。