伐採跡地情報の公開について

2016年06月08日 | コンテンツ番号 9832

1 公開の目的

 県では、スギをはじめとする豊富な森林資源を活かし、地元の木材を優先的に活用する暮らしの実現を図っています。
 しかし、木材価格の低迷や後継者不足等の理由により、立木を伐採した跡地への再造林が進まないことから、森林施業の集約化に意欲のある林業事業体等に向け、伐採跡地情報の一部を公開するものです。

2 公開する情報の内容

 森林法第10条の8による「伐採及び伐採後の造林の届出書」のうち、皆伐を実施し、且つ伐採後の造林計画が「天然更新」とされているものを対象とします。
 伐採届出書に記載された事項のうち、下記の項目について公開します。
  ① 届出年月日
  ② 森林の所在(市町村名、字名)
  ③ 林小班番号
  ④ 伐採面積
  ⑤ 伐採樹種
  ⑥ 伐採の期間

3 公開期日

 毎年四半期毎に、市町村長あてに提出された「伐採及び伐採後の造林の届出書」の関連項目を一覧表に集計し、順次公開します。
 公開時期の目安については、下記の表をご参照ください。 

表:公開時期の目安


 再造林の実施や天然更新により、伐採跡地の更新が確認され、森林簿情報が更新された箇所については、翌年7月中旬の情報更新時に一覧表から削除します。

4 詳細情報の入手方法について

 伐採跡地に関する資料や図面を入手したい場合は、申請に応じて森林簿、森林基本図、森林計画図を交付しております。
 資料の内容や、申請の方法については、「森林に関する資料、図面の閲覧・交付」に関するページをご確認ください。
 なお、伐採跡地の土地所有者情報については、秋田県個人情報保護条例の規定により公開できない場合がありますので、あらかじめご了承ください。