「JENESYS2.0」中国大学生訪日団第21陣が秋田県庁を訪問しました

2015年07月21日 | コンテンツ番号 9781

7月3日(金)、「JENESYS2.0」の一環として(公財)日中友好会館が実施する中国大学生訪日団第21陣100名が秋田県庁を訪れました。

「JENESYS2.0」とは、海外の日本に対する潜在的な関心や国際理解を増進させることを目的に日本政府(外務省)が3万人規模で行っているアジア大洋州諸国との青少年交流事業です。

写真:訪問の様子1

訪日団は、県生涯学習課文化財保護室による秋田県の民俗文化・芸能・観光についてのブリーフィングを熱心に聞いていました。

写真:訪問の様子2

質疑応答の時間では、「伝統を現代に残すにはどうすればいいのか」、「角館にはどんな種類の桜があるのか」など、時間いっぱい質問が寄せられました。

写真:訪問の様子3

訪日団はこの後、秋田大学や仙北市を訪れ、秋田に対する理解を深めました。