中東呼吸器症候群(MERS)について

2015年06月26日 | コンテンツ番号 9754

 平成27年5月20日、韓国において、中東地域からの帰国者の感染が確認され、その後、医療従事者や家族等への感染が報告されています。

 我が国においては現在、検疫所での健康観察の徹底や医療体制が整備されていますので、適切な行動をお願いします。

発生地域(主として中東地域・韓国)から帰国・入国した際の注意点

  • 帰国・入国時に発熱や咳などの呼吸器症状がある方は、空港内等の検疫所へご相談ください。
  • 14日以内に、発熱や咳などの呼吸器症状がある方は、地域の医療機関を受診する前に、必ず保健所へ電話で連絡くださるようお願いします。
  • 咳、発熱などの症状がある場合は、他者との接触を最小限にするとともに、マスクをしましょう。

 詳しくは中東呼吸器症候群(MERS)に関するお知らせを御覧ください。

 由利本荘保健所 健康・予防課