普通救命講習を行いました

2015年05月01日 | コンテンツ番号 9596

 4月27日(月)と28日(火)、大曲広域消防本部の職員の方を講師にお招きし、訓練生・職員対象に普通救命講習を行いました。

 内容については、胸骨圧迫法(心臓マッサージ)と人工呼吸の実施方法、AEDの操作方法に加え、止血や異物除去の方法など、幅広く教えていただきました。細かな疑問にも丁寧に回答くださるため、終始やりとりが飛び交う活発な講習となりました。

 特に、「完璧でなくても、できることをやってあげてください」という救命士の方の言葉が印象に残りました。必要なときには慌てずに対応できるように、日々の心がけが大切ですね。

写真:実技の様子1

写真:実習の様子2