「ふるさと水と土指導員」と「Akitaふるさと活力人」について

2015年12月21日 | コンテンツ番号 9385

ふるさと水と土指導員

 「ふるさと水と土指導員」は、秋田県中山間地域土地改良施設等保全対策事業において、地域における専門技術に長けた指導的な役割を果たしている人材です。

 指導員は、「秋田県ふるさと水と土指導員設置要綱」に基づいて、県内各市町村長の推薦を元に秋田県農林水産部長が委嘱します。

 指導員は、ふるさと水と土保全ネットワーク主催の「ふるさと水と土全国研修会」を受講し、全国にいる指導員の活動情報の交換や、講義やワークショップ等を通じて技術・知識等の習得をしています。

 また、秋田県内においても、お互いの活動に関する情報交換や技術・知識研鑽、ネットワ-ク構築のために、平成17年度からは「県内研修・情報交換会」を開催しています。

県内研修会の様子はこちら

Akitaふるさと活力人

 「Akitaふるさと活力人」は、秋田県中山間地域土地改良施設等保全対策事業により、平成17年度から平成26年度まで実施した「Akitaふるさと活力人養成セミナー」の修了生です。

 「Akitaふるさと活力人養成セミナー」は、国際教養大学地域環境研究センター(センター長 熊谷嘉隆 教授)と、県農山村振興課が連携し、農山村地域が有する、自然・伝統・文化・人的資源を活かした地域ぐるみで活性化を担う人材を育成するため、第1期(H17-18)、第2期(H19-20)、第3期(H21-22)、第4期(H23-24)、第5期(H25-26)で行いました。

 なお、セミナーは平成26年度をもって終了しました。

これまでのセミナーの様子はこちら

図:地域活動

 中山間地域の多面的機能を維持し地域の活性化に向けた取り組みを長期的な視点で推進していくためには、地域活動のリーダー役とコーディネーター役双方の育成・確保が必要です。「ふるさと水と土指導員」、「Akitaふるさと活力人」が情報共有し、行政を含めた地域のネットワークを図り、双方が連携した地域活動の実践を目指します。

※「ふるさと水と土指導員」及び「Akitaふるさと活力人」の紹介・連絡は、県農山村振興課調整・地域活性化班までお問い合わせください。