個人情報保護法の概要

2016年12月22日 | コンテンツ番号 911

1 地方公共団体の長等が処理する事務一覧

  •  個人情報保護法では、主務大臣制度(※)をとっており、個人情報取扱事業者に対する勧告・命令は、主務大臣(当該個人情報取扱事業者が行う事業を所管する大臣等)が行うことになっています。ただし、上記1に掲げる事務については、法令の規定により、地方公共団体の長等が主務大臣の権限に属する事務を行うこととされています。
    ※平成27年9月に個人情報保護法が改正されました。改正個人情報保護法の全面施行後は、主務大臣制度は廃止され、事業者の監督は個人情報保護委員会に一元化されます。

2 事業者の個人情報の取り扱いに関する苦情相談窓口(秋田県内)

3 その他詳しくは、こちら(個人情報保護委員会のホームページ)からどうぞ