地域コミュニティ政策検討委員会について

2014年09月30日 | コンテンツ番号 8824

県と市町村で組織する地域コミュニティ政策推進協議会では、人口減少社会を見据え、県と市町村が役割に応じた地域コミュニティ政策を進めるにあたっての活動指針について、提言をいただくことを目的として「地域コミュニティ政策検討委員会」を設置しました。

委員のみなさまの御紹介

本委員会では、地域コミュニティ政策への提言について、様々な視点から幅広く検討いただくため、集落・自治会関係者、民間企業関係者、民間団体関係者、学識経験者、行政関係者などの複数分野から、地域コミュニティ活動に携わるみなさまより委員に御就任いただきました。

  • 浅利 重博 氏 (大館市山田部落会会長)
  • 佐藤 主憲 氏 (大仙市半道寺自治会会長)
  • 遠藤 宗一郎 氏 (株式会社マルシメ代表取締役社長)
  • 能登 祐子 氏 (のしろ白神ネットワーク代表)
  • 村上 昌人 氏 (株式会社秋田魁新報社編集局次長)
  • 横道 清孝 氏 (国立大学政策研究大学院大学副学長)
  • 今野 政幸 氏 (由利本荘氏企画調整部地域おこし課長)

検討事項

本委員会では、地域コミュニティ政策への提言に向け、次の事項について検討いただきます。

  1. 地域コミュニティの果たしている役割
  2. 地域の課題に対する地域コミュニティ等の関わり方
    1. 現状及び将来の課題
    2. 地域課題に対する地域コミュニティの関わり方、民間企業・NPO等及び行政の役割
  3. 地域コミュニティのあるべき姿
  4. 地域コミュニティに対する行政の関わり方
    1. 地域コミュニティに対する行政の活動方針
    2. 県と市町村の役割分担
    3. 民間企業、NPO等多様な主体を含めた地域コミュニティを支援する枠組み