底びき網漁が始まりました!

2014年09月03日 | コンテンツ番号 8754

9月1日から、底びき網漁が始まりました。例年7、8月の2ヵ月間は底びき網の禁漁期間ですから、底びき漁業者や市場関係者は漁の出だしに大いに関心を寄せています。
この日、船川地区の底びき漁船はおおむね、船川沖の水深100m以浅の漁場で操業したとのことです。漁獲されたのはヒラメやマコガレイ、ホウボウなどで、昨年の底びき漁初日に比べると漁模様はあまり良くなかったようです。しかし、全県的にはカレイ類を中心に漁獲量が比較的多かった海域もあったようですので、今後の漁に期待したいと思います。
水揚げされた新鮮な魚介類は、夕方のセリで次々と競り落とされましたので、皆さんの食卓にも間もなく並ぶことでしょう。秋田沖の海の幸をぜひお楽しみください!

写真:椿漁港

写真:セリの風景