秋田県型地下かんがい(本堂城回地区)を学ぶ~仙台東土地改良区の現地視察~

2014年09月08日 | コンテンツ番号 8726

平成26年8月26日、仙台東土地改良区役職員3名、六郷地区換地評価工事委員31名が、9月4日には同土地改良区役職員3名、高砂(岡田)地区換地評価工事委員30名が秋田県型地下かんがいシステムの視察研修に訪れました。
六郷・高砂(岡田)地区は東日本大震災の復旧・復興のための国営事業が行われており、地理的条件として地下水位が高い地区だそうです。
農作物にとって水管理は重要であるため、地下水位の制御方法を検討しているとのことでした。

両日ともに岩手県で浅層暗渠工法と自動給水栓の実施状況と使用実態について視察した後に、秋田県で 暗渠排水と地下かんがいの施設・その営農状況を知りたいということでしたので、仙北管内にある本堂城回地区を紹介しました。
施設の利用や営農については、(農)TEAM.Freedomの細井代表から説明していただきました。

8月26日

写真:仙台東土地改良区のみなさん
仙台東土地改良区(六郷地区)のみなさん
写真:大槻調査設計課長補佐の概要説明
東北農政局仙台東土地改良建設事業所 大槻調査設計課長補佐の説明
写真:秋田県型地下灌漑システムの説明
秋田県の暗渠排水・地下かんがいの取り組みについて説明
写真:秋田県型地下灌漑システムの模型
秋田県型地下かんがいシステム
写真:秋田県型地下かんがいシステムの特徴について
秋田県型地下かんがいについて説明
写真:細井代表による説明
(農)TEAM.Freedom細井代表による説明
写真:地域は違えど同じ農家、質疑応答に熱が入ります。
地域は違えど同じ農家、質問にも熱が入ります。
写真:有意義な視察研修になったとお礼の言葉を頂きました。
有意義な視察研修になったとお礼の言葉を頂きました。

9月4日

写真:高砂(岡田)地区のみなさん
高砂(岡田)地区のみなさん
写真:秋田県の暗渠排水・地下かんがいへの取り組みについて概要説明
秋田県の暗渠排水・地下かんがいの取り組みについて説明
写真:秋田県型地下かんがいシステムの模型に興味津々
高砂(岡田)地区はパイプライン地区であるため、給水栓用の取水施設も用意しました。
写真:模型を使って秋田県型地下かんがいシステムの仕組みについて説明
模型を使って説明し、仕組みを理解して頂きました。
写真:(農)TEAM.Freedomの細井代表による説明
(農)TEAM.Freedom細井代表による説明
写真:仙台はネギの産地でもあるため、圃場に入ってネギを見る人もいました
仙台はネギが有名なこともあり、ネギ畑を前に様々な質問が飛び交いました。
写真:仙台ネギの生産者からも褒められたネギ畑
【仙台のネギに負けない立派なネギだ】と言いながら、
ネギ畑に入って収穫機械やネギについて語り合っていました。

秋田県では洗砂利とモミガラを被覆材として使用していますが、六郷・高砂(岡田)地区は砂質土であるため、砕石を使用すると砂の目詰まりによる被覆材の透水性低下が懸念され、被覆材の選定に苦慮しているようでした。
また、排水路を深くすると草刈り等の維持管理が大変になるので浅層暗渠工法の視察をするなど、維持管理面も含めた検討を行っていました。

視察研修はお互いにとって情報交換の場となり、両県ともに有意義な研修になったと思います。