母子福祉資金等の貸付けを受けるには

2015年03月26日 | コンテンツ番号 856

配偶者のいない女子又は男子で20歳未満の子どもを扶養している方(母子家庭の母又は父子家庭の父)、あるいは、かつて母子家庭の母として子どもを扶養していたことのある方(寡婦)の経済的自立と生活の安定、子どもの福祉を図るために、各種資金の貸付けを行っております。

お問い合わせ先

  • 市にお住まいの方:市福祉事務所へ
  • 町村にお住まいの方:役場のひとり親福祉施策担当課、あるいは県各福祉事務所へ

それぞれお問い合わせください。