第3回『水土里のみちウォーキング』in抱返り渓谷開催

2014年07月23日 | コンテンツ番号 8481

 平成26年6月15日(日)、仙北市の抱返り渓谷で、「第3回『水土里のみちウォーキング』in抱返り渓谷」が開催されました。

 「水土里ネット大曲仙北職員会」が主催したこの催しは、ウォーキングによる健康増進と農業水利施設への関心を持ってもらうために企画されたもので、今回で第3回目となります。

 当日はワールドカップの日本戦と重なってしまいましたが、予想を上回るたくさんの方々が参加されました。コースは、6.8km(Aコース)と9.4km(Bコース)の2コースが用意され、参加者全員がそれぞれの思いを抱きながら、無事完歩することができました。

写真:水土里のみちウォーキングの様子1
ウォーキングが始まりました。
写真:水土里のみちウォーキングの様子2
まず最初は玉川頭首工を目指して歩きます。
写真:水土里のみちウォーキングの様子3
玉川頭首工です。
写真:水土里のみちウォーキングの様子4
普段は入れない頭首工の管理橋です。
写真:水土里のみちウォーキングの様子5
玉川頭首工について説明がありました。
写真:水土里のみちウォーキングの様子6
玉川頭首工から取水している田んぼを通り、次を目指します。
写真:水土里のみちウォーキングの様子7
山伏岩に到着しました。山伏岩の伝説についてのお話をしていただき、不思議な雰囲気を持っている山伏岩に参加者の皆さんも見入っていました。
写真:水土里のみちウォーキングの様子8
次は若松堰取水工に着きました。ここでいったん休憩をとりました。天気も次第に良くなり、上着を脱ぐ方もいました。また、若松堰についての説明もありました。
写真:水土里のみちウォーキングの様子9
抱返り頭首工です。玉川独特の瑠璃色をした川がとても綺麗でした。
写真:水土里のみちウォーキングの様子10
抱返り頭首工についての説明がありました。
写真:水土里のみちウォーキングの様子11
回顧の滝です。去年はほとんど水が流れていなかったそうですが、今年は水量の多さに主催者の方も驚いていました。
写真:水土里のみちウォーキングの様子12
身体いっぱいにマイナスイオンを感じ、ここまでの疲れが取れた感じです。
写真:水土里のみちウォーキングの様子13
ウォーキングも終わりに差し掛かったころには、一般の観光客の方も多く見かけるようになり、皆さん挨拶を交わしながら歩きました。
写真:水土里のみちウォーキングの様子14
神の岩橋を渡り切るともうすぐゴールです。
写真:水土里のみちウォーキングの様子15
Aコース、Bコースともに全員が笑顔でゴールすることができました。皆さん疲れている様子もなく、楽しんで歩けたようです。
写真:水土里のみちウォーキングの様子16
全員がゴールした後、スタッフの方々が素早く片付けをしておりました。今回もトラブルなく終えることができて、皆さんに感謝しています。

 今回の水土里のみちウォーキングでは、参加者同士で楽しく会話をしながら、多くの美しい景色や農業水利施設を観ることができました。これからもこうしたイベントを通じて、より多くの人に秋田の農業農村を身近に感じてもらいたいと願っています。

 各コースについて添付しておりますので、是非ご覧下さい。

ダウンロード