大曲ロータリークラブから依頼された展示ラックが完成しました

2014年04月09日 | コンテンツ番号 8153

 大仙市の大曲ロータリークラブより依頼があり、展示ラックを製作しました。
 大曲ロータリークラブでは、55周年記念事業の一環として、JR大曲駅前の「大仙市民活動交流拠点センター」へ、この展示ラック他計6点をを市に寄贈しました。
 センターは市街地再開発の商業複合施設「Anbee大曲」内の施設ですので、沢山の方々に使用していただけることを願っています。

写真:展示ラックを市へ寄贈大仙市へ寄贈しました

この展示ラックは、色彩デザイン科の第8期生(平成25年度2年生)が製作しました。

写真:製作風景

この展示ラックにはいろいろな秘密が隠されています。
外側から見えない部分にさまざまな工夫が施され、さながら忍者屋敷のようです。

写真:前面の引き出しと背面の引き出し

正面向かって、左側には大曲技術専門校の名前が、右側には大曲ロータリークラブの名前が入っています。
デザインは、大仙市の花であるコスモスと、市の鳥であるカワセミと、市の木であるケヤキをデザインしました。
もちろん、外せないのは大曲の花火です。しっかりとデザインのモチーフになっています。

写真:左側面
左側
写真:正面
正面
写真:右側面
右側
写真:背面
背面

みなさん、Anbee大曲へお寄りの際は、ぜひご覧ください!