「新あきた伝統的工芸品等振興プラン」を策定しました

2014年04月03日 | コンテンツ番号 8139

 県では、伝統的工芸品等の産業振興を図るため、平成23年度から平成25年度までの3年間を推進期間とする「あきた伝統的工芸品等振興プラン」を策定し、産地や市町村と一体となって事業に取り組んできました。

 これまでの成果を踏まえ、引き続き、伝統的工芸品等の産業振興を図るため、平成26年度から29年度までの4年間を推進期間とする「新あきた伝統的工芸品等振興プラン」を策定しました。