「プロジェクトWET指導者養成講習会in八郎湖」を開催しました

2015年03月18日 | コンテンツ番号 8024

環八郎湖水の郷創出プロジェクト 担い手発掘事業

プロジェクトWET指導者養成講習会in八郎湖を開催しました

2月22日(土)、秋田県立大学秋田キャンパスにて、「プロジェクトWET指導者養成講習会in八郎湖」を開催しました。
この講習会は、“楽しく学び・考える、水に関する環境教育プログラム”である「プロジェクトWET」の手法を学び、今後の八郎湖流域における環境学習に活かしていくことを目的として、プロジェクトWETファシリテーターであり、秋田県八郎湖研究会(水質分科会)委員でもある、秋田県立大学の金澤伸浩准教授(キャンプネーム のろさん)に講師をお願いしました。

当日は、八郎湖に関連する活動をしている市民団体や大学生および大学の先生など、19名が参加してくれました。

写真:アイスブレイク1写真:アイスブレイク2

まずはお互いの緊張をほぐすためのアイスブレイク。

プロジェクトWETのアクティビティも交えつつ、八郎湖の特色を取り入れながら“水”についての理解を深めました。

写真:アクティビティ1写真:アクティビティ2

午前から午後にかけて、数個のアクティビティを実施。

終了後に必ずふり返りをするのですが、普段から八郎湖について考えている皆さんなので、議論も白熱します。

写真:ピア・ティーチング1写真:ピア・ティーチング2

最後のプログラムは、数人ずつのグループに分かれてのピア・ティーチング
各グループで1つずつのプロジェクトWETのアクティビティを担当し、他グループの皆さんを相手に実践します。
そして、終了後はふり返りをし、受けた人や講師の方からの意見・感想をもらう(フィードバック)、ということを行いました。

写真:参加者

参加者同士の貴重な交流の機会ともなったようでした。

このプロジェクトWETを皆さんに活用してもらうことで、八郎湖流域の環境学習がより発展するよう、今後も取り組んでいきたいと思います。

ご参加いただいた皆さま、本当にありがとうございました!