秋田県と(株)東洋新薬は「食関連産業等の振興に関する連携協定」を締結しました。

2014年03月13日 | コンテンツ番号 8017

秋田県と(株)東洋新薬は、付加価値の高い健康食品・化粧品分野のビジネス展開による食関連産業等の振興をめざし、平成26年3月12日(水)「食関連産業等の振興に関する連携協定」を締結しました。

本県と企業等との単独協定は今回が21例目となりますが、産業振興の分野に特化した連携協定については、本協定が初めてとなります。

写真:連携協定の締結

佐竹知事(左)、東洋新薬 服部社長(右)

協定における連携事項は、次の6項目です。詳しくは、ダウンロードファイルをご覧ください。

  1. 県産食材・素材を活用した商品開発による地域経済活性化に関すること
  2. 県外における県産食材の販路拡大、ブランドづくり等に関すること
  3. 県内企業との機能性食品・トクホ(特定保健用食品)等の情報交換に関すること
  4. 県内大学、公設試等との共同研究開発を含めた産学官連携の推進に関すること
  5. 県内への工場立地の検討・推進に関すること
  6. 前各号に掲げるもののほか、秋田県における食関連産業等の振興に関すること