「元気な大館・北秋田地域づくり活動顕彰事業」表彰式を開催しました

2016年02月04日 | コンテンツ番号 7989

北秋田地域振興局では、大館・北秋田地域において、様々な地域課題の解決のために、自主的・主体的な地域づくり活動に
取り組む団体・個人を顕彰することで、市民活動の普及拡大を目指す「元気な大館・北秋田地域づくり活動顕彰事業」
を実施しています。

平成25年度は応募の中から特に優れた活動と認められた4団体が表彰されました。
受賞者には、秋田県をかたどった秋田杉の表彰状が贈られました。

表彰の後、各団体の活動内容を紹介していただきました。

受賞者のご紹介

阿仁合ぶらぶらガイド

阿仁合駅周辺地域の活性化及び秋田内陸線の利用促進を図るために、「阿仁合ミニフットパスツアー」を実施し、阿仁合駅
周辺の名所・旧跡を案内するとともに、「のりものまつり」や「うめ~もんまつり」等において、駅周辺の案内を行い、観光
客の受入体制の整備を図っています。

また、阿仁合小学校における観光案内人授業において案内指導を行うなど、次世代の育成にも取り組んでいます。

大葛地区青若会

耕作放棄地を利用した蕎麦の栽培や地域住民を招いた蕎麦会を開催し、地域コミュニティの強化に取り組んでいます。

また、「大葛温泉まつり」、「おやじまつり」などの地域のイベントに協力するとともに、地域ぐるみの節電、廃校した小学校の桜の剪定等幅広い活動により、若い世代が、少子高齢化の進展する地域の活性化に努めています。

おさるべ元気くらぶ

「七日市長岐邸」を舞台に、「殿様御膳」の再現や、「ジャズライブ」などのユニークな講座を開催し、地域の文化遺産の伝承に取り組むとともに、中学生を巻き込んで、ボランティアによる長岐邸の整備にも取り組み、世代間交流と次世代への継承を図っています。

また、葛黒火まつりかまくらなど、地域の伝統行事の復活にも取り組んでいます。

お茶の間「ひまわり」

急速に高齢化が進む地域の集落を長年にわたり巡回して、高齢者のための健康教室を開催し、看護師による講話やレクリ
エーション、予防から医療、死に関する健康相談を行い、高齢者に寄り添った心と身体のケアに取り組んでいます。


画像 : 集合写真

受賞された皆様、本当におめでとうございます。

北秋田地域振興局では、これからも市民活動を積極的に支援してまいりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。