第136回秋田県種苗交換会「農業農村整備フェア」が「広報大賞優秀賞」を受賞しました

2014年11月19日 | コンテンツ番号 7986

平成26年2月20日(木)、全国農村振興技術連盟と農業農村工学会主催の平成25年度東京フォーラムが東京都科学技術館において開催されました。その中で全国農村振興技術連盟主催の「平成25年度(第23回) 農業農村整備事業広報大賞」の表彰式がとりおこなわれ、秋田県が推薦した「第136回 秋田県種苗交換会 農業農村整備フェア」(以下、「農業農村整備フェア」)が「広報大賞優秀賞」を受賞しました。

この広報大賞は、農村振興の重要性や農業農村のもつ多面的機能の発揮のための地域活動や広報活動を行い、功績のあった団体に対して贈られる賞で、「広報大賞」「広報大賞優秀賞」「広報大賞奨励賞」など、全国から14の団体が表彰されました。

農業農村整備フェアは、秋田県種苗交換会の協賛行事として長期にわたり継続して実施し、広く県民に対して農業農村のPRをしていることなどが評価されたものです。

この日は、農業農村整備フェア事務局(水土里ネット秋田、秋田県農林水産部、東北農政局西奥羽土地改良調査管理事務所、東北農政局平鹿平野農業水利事業所、東北農政局田沢二期農業水利事業所、秋田花まるっグリーンツーリズム推進協議会)を代表して、水土里ネット秋田 清野専務理事が表彰状を受け取りました。

画像 : 表彰の様子画像 : 受け取った表彰状

農業農村整備フェアの開催状況については、下のリンクからどうぞ。

全国の受賞団体は、全国農村振興技術連盟のウェブサイトに紹介されています。こちら「全国農村振興技術連盟」からどうぞ。

リンク