縄文遺跡群世界遺産登録推進フォーラムについて

2015年03月04日 | コンテンツ番号 7837

縄文遺跡群世界遺産登録推進本部では、「北海道・北東北の縄文遺跡群」の世界遺産登録に向けて、縄文遺跡群が持つ学術的価値の浸透や縄文文化・縄文遺跡の価値や魅力について広く普及啓発を図るためのフォーラムを開催しました。

日時

平成26年1月26日(日)10時00分~15時30分(開場9時30分)

場所

有楽町朝日ホール(東京都千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン11F)

内容

講演

  • 「人類史における縄文遺跡群の価値」 小林 達雄 氏(國學院大學名誉教授)
  • 「北海道・北東北の縄文遺跡群の特徴」 岡村 道雄 氏(奈良文化財研究所名誉研究員)
  • 「近年の世界遺産登録の動向」稲葉 信子 氏(筑波大学大学院教授)

報告

  • 「北海道・北東北の縄文遺跡群の普遍的な価値」 菊池徹夫氏
    縄文遺跡群世界遺産登録推進専門家委員会 委員長 菊池 徹夫 氏(早稲田大学名誉教授)
  • 「北海道・北東北の縄文遺跡群の現状と課題」 
    縄文遺跡群世界遺産推進会議 座長 岡田 康博(青森県教育庁文化財保護課長)

パネル展

  • 「北海道・北東北の縄文遺跡群」

定員

600人(定員になり次第、募集を締め切ります。)

参加料

無料(事前の申し込みが必要です。)

※申込等、詳細につきましては添付のPDFファイルをご覧ください。

(チラシ中の締切は1月17日ですが、定員に達するまで受付しております。)

ダウンロード