「レジ袋削減・マイバッグ推進運動」協定締結事業者の取組等について

2017年01月31日 | コンテンツ番号 7542

 循環型社会の形成と地球温暖化の防止に向けて、秋田県内に店舗を持つ事業者と協定を締結し、レジ袋の削減のための取組を実施しています。
 協定締結事業者及び各事業者の取組は以下のとおりです。

▼参加事業者(五十音順/平成29年1月31日時点)

 ★平成27年度マイバッグ持参率:30.3%
 ★参加事業者数:26事業者623店舗
 ★よねや商事株式会社(9店舗)、株式会社ナイス(8店舗)と新たに協定を締結しました。(平成29年1月17日)

  事  業  者  名 参 加 店 舗 数
 
1 秋田県職員消費生活協同組合 11
2 株式会社アマノ
3 イオンスーパーセンター株式会社
4 イオンリテール株式会社東北カンパニー
5 株式会社伊徳 21
6 株式会社Aコープ北東北
7 生活協同組合コープあきた
8 株式会社サークルKサンクス 97
9 JR東日本東北総合サービス株式会社
10 株式会社ジェイエイ秋田しんせいサービス
11 株式会社JA新あきたライフサービス
12 株式会社ベルジョイス
13 株式会社セブン-イレブン・ジャパン 78
14 株式会社タカヤナギ 15
15 有限会社中央市場
16 株式会社ツルハ 60
17 株式会社テラタ
18 株式会社デンコードー 11
19 株式会社ナイス
20 株式会社ファミリーマート 78
21 マックスバリュ東北株式会社 38
22 株式会社マルエーうちや
23 株式会社マルダイ
24 株式会社ユニバース
25 よねや商事株式会社
26 株式会社ローソン 144
  合      計 623

▼参加事業者の取組及びマイバッグ持参率について(五十音順)

  事  業  者  名 取  組  内  容 27年度マイバッグ持参率
(公表可事業者のみ
・コンビニ除く)
 
秋田県職員消費生活協同組合
  • ポスターや店内POPを掲示
  • エコバッグの販売促進
  • レジでのお声がけを実施
 
株式会社アマノ
  • レジ袋の辞退でポイントを付与
  • マイバッグ及びレジ袋の再利用可
  • 従業員用の買い物用エコバッグを休憩室に設置
  • レジ袋使用管理表の集計
    →分析結果を各店舗へ配信
  • レジ袋の各サイズの容量について、どのくらいの商品が入るか実験し、その結果を休憩室に掲示
  • 各レジ袋の1枚あたりの経費額を掲示
  • 館内放送での呼びかけ
  • あきエコどんどんプロジェクトへの参加
9.2%
イオンスーパーセンター株式会社
  • レジ袋の無料配布中止を進めている
  • マイバッグ、マイバスケットの販売
59.4%
イオンリテール株式会社東北カンパニー
  • 秋田県内の店舗(全6店舗)でレジ袋の無料配布中止を実施している
  • レジでのお声かけを実施
  • ポスター、店内POP等の掲示
  • エコバッグ、マイバスケットの販売促進
77.2%
株式会社伊徳
  • レジでのお声がけを実施
  • マイバッグ等を持参のお客様にポイントサービス
  • マイバッグ等を持参のお客様にポイントサービス
  • ポスター、店内POP等での啓発活動
  • マイバッグ、マイバスケットの販売による普及活動
29.7%
株式会社Aコープ北東北
  • マイバッグ、マイバスケットの販売
  • マイバッグ等を持参のお客様(432円以上お買い上げの方)へポイント付与
  • 店内ポスター等の掲示

25.0%

生活協同組合コープあきた
  • マイバッグ等を持参のお客様にポイント付与
    →買い物のポイントと合わせて500ポイント貯まると500円の商品券を贈呈
  • 店内でのマイバッグ持参推進ポスターの掲示
  • 新規加入組合員へのコープあきたエコバッグの無料贈呈
  • あきエコどんどんプロジェクトへの参加
78.6%
株式会社サークルKサンクス
(平成28年9月に株式会社ファミリーマートに統合)
  • レジ袋削減協力依頼ポスターの掲示
  • 店内放送及びレジ画面でのお客様への協力依頼
  • 少数点数お買い上げのお客様へのレジ袋要不要確認のお声がけと適正サイズの袋の提供
 
JR東日本東北総合サービス株式会社
  • レジ袋の辞退でポイントを付与
    →10ポイントで100円引きの買い物券として利用可
11.3%
10 株式会社ジェイエイ秋田しんせいサービス
  • レジでのセールストーク
  • 店内POPの掲示
  • レジ袋辞退のお客様へ「買い物袋スタンプカード」にスタンプ1個付与
  • シール対応の呼びかけ
  • 空き箱利用の呼びかけ

13.0%

11 株式会社JA新あきたライフサービス
  • お客様にレジ袋の必要の有無を確認
  • レジ袋辞退のお客様にポイントを付与
  • 店内POPの掲示によるマイバッグ持参の推進
11.1%
12 株式会社ベルジョイス
  • マイバッグ推進ポスターの掲示
  • 店内放送でのマイバッグ推進活動
  • 会計時にお客様へレジ袋の要不要の確認
  • レジ袋辞退のお客様へポイントを付与
  • マイバッグの販売による持参率向上の推進
  • レンタルカゴの貸し出しによる持参率向上の推進
  • 店内ポスターでのマイバッグ持参率の結果公表による推進
40.4%
13 株式会社セブン-イレブン・ジャパン
  • レジ応対時のお声がけの徹底
 
14 株式会社タカヤナギ
  • カード会員のレジ袋辞退のお客様にポイントを付与
  • マイバッグ、マイバスケットの利用促進(お声がけ、店内BGM、チラシ、ホームページ等)
  • 空き箱の無料提供
23.9%
15 有限会社中央市場
  • 新聞折込チラシでマイバッグ、マイバスケット運動への協力呼びかけ
  • レジでの協力呼びかけを強化
  • マイバッグ、マイバスケット持参のお客様へポイント進呈
  • 空き箱の利用呼びかけ
  • 社員への協力呼びかけを強化
21.7%
16 株式会社ツルハ
  • マイバッグ推進ポスターの掲示による推進活動の実施
  • レジに「レジ袋不要カード」を設置
  • レジにてお客様へマイバッグの有無を確認
  • レジ袋を辞退したお客様にポイントを付与
10.8%
17 株式会社テラタ
  • レジ袋辞退のお客様にポイントを付与
  • 精算時にレジ袋の要不要を確認
  • ポスター等での啓発
  • オリジナルマイバスケットの販売
59.1%
18 株式会社デンコードー
  • レジでのお声がけ
  • シール、テープ等の簡易包装の推進
  • レジ周辺へのPOP掲出
  • 適正サイズのレジ袋の配布
 
19 株式会社ナイス
  • レジでのお声がけ
  • マイバッグ等を持参したお客様へポイントを付与
    →貯まったポイントをナイス商品券と交換
  • レジ袋削減を呼びかけるポスターの掲示
 

20

株式会社ファミリーマート
  • レジでのお声がけ
  • レジへスタンドPOP掲出
  • BGMで顧客へ訴求
  • ポスターの掲出
  • レジ袋ご不要カードの設置
  • レジ液晶画面への表示
  • 適正サイズの使用
 
21 マックスバリュ東北株式会社
  • 由利本荘市におけるレジ袋の無料配布中止
  • レジ袋辞退のお客様に2円引きのインセンティブ
  • 店内BGMによる啓発
  • 「レジ袋不要」カードの使用
  • 「究極のマイバッグ」の販売
 
22 株式会社マルエーうちや
  • マイバッグ、マイバスケットの販売
  • 店内ポスター、チラシ等での普及活動
9.4%
23 株式会社マルダイ
  • お客様へレジ袋の要不要を確認
11.4%
24 株式会社ユニバース
  • 月間のマイバッグ持参率を店頭に掲示して報告
  • ポスター・POP掲示、店内放送等による協力の呼びかけ
  • 従業員の率先垂範を推進
  • エコバッグ、マイバスケットの利用促進強化月間を設け、キャンペーンを実施
  • マイバッグを持参したお客様にリサイクルポイントを付与または買い物袋スタンプカードに押印
    →スタンプが集まると買い物券を進呈
 
25 よねや商事株式会社
  • 県内の同業他社と連携し、秋田県のレジ袋削減に取り組む
 
26 株式会社ローソン
  • 少量購入のお客様へ「このままでよろしいですか」お声がけ実施
  • コンビニecoバッグ活用によるマイバッグ持参の推進
 

▼県庁舎などにおける取組

 県、秋田県職員消費生活協同組合、有限会社県庁食堂は、県内の地球温暖化防止やごみの減量化などの環境保全活動を推進するため、レジ袋削減・マイバッグ推進運動を実施しており、平成20年10月1日から、本庁舎及び秋田地方総合庁舎内の売店、食堂におけるレジ袋の削減に取り組んでいます。