復旧から復興へのエール ~仙台東土地改良区による管内視察研修~

2013年11月26日 | コンテンツ番号 7407

7月31日、仙台東土地改良区(仙台市若林区)の役職員32名が、仙北管内のほ場整備地区へ視察研修に訪れました。目的は、東日本大震災により農地の大半が津波被害を受け、現在、懸命の復旧作業が続いている中で、この被災を契機に震災以前の農地よりも更に高度に利用できる農地にしたいとの組合員の強い思いから換地計画、地下かんがいを研修するものです。

仙台からの長旅でお疲れの皆様のため、おもてなしを込めてまずは後三年駅付近にある農家レストラン「米(まい)サラダハウス」で昼食をしていただきました!

写真:米サラダハウス
米サラダハウス
写真:昼食の様子
皆さんも昼食に満足した様子でした
写真:インターンシップの様子
レストランには地元、美郷中のインターンシップの姿も
写真:昼食
地産地消・地元の食材。野菜もたっぷりで、非常に満足でした
写真:デザート
食後のデザート

昼食を終え、続いては本堂城回地区へとむかいました

写真:ネギ畑
本堂城回地区のネギ畑
写真:細井代表による説明
あいにくの雨のため、(農)TEAM.Freedom細井代表による、営農の取り組みについてバスの中で説明していただきました
写真:地下かんがいシステムユニットの説明を受ける様子
幸運にも小雨となり、実際に外に出て、地下かんがいシステムのユニットの仕組みを勉強中。皆さん興味津々の様子です

雨が小降りになり、続いて一行は中仙南部、中仙中央地区へとむかいます

写真:中仙中央・南部地区境目
中仙南部地区(左側)と中仙中央地区(右側)
写真:地区の説明
工事の概要について、当課職員による説明を受けました
写真:現場をみる土地改良区の方々
現場を見つめる目は真剣そのものです
写真:興味津々の様子
予定時間を超えて、質疑応答が続きました

見学を終えた一行は、場所を中仙農村改善センターに移動し、換地についての説明をうけました

写真:はじまりのあいさつ
大仙市中仙南土地改良区の代表の方からの挨拶で会が始まりました
写真:会議の様子
換地の取り組み方についての説明が続きます
写真:仙台東土地改良区からの質問
換地について、多くの質問が寄せられました
写真:回答の様子
中仙南部地区の経験をもとに、わかりやすく回答しました
写真:仙台東土地改良区からの研修の感想
最後に仙台東土地改良区の代表の方から、今回の研修の感想をいただきました

昼食は(農)美郷サンファーム直営のレストランでいただきました。当日は定休日だったにもかかわらず、研修参加者とその内容を事前に説明したら快く受け入れてくれました。また、換地の研修では、相続者が亡くなった場合のほ場整備後の換地対応や「公平の原則」など、内容の濃いものとなりました。

今回の研修が少しでも復旧から復興への足がかりとなり、早期の営農再開と高度な農業展開が出来るよう応援しています。