八郎湖の自然再生「石川理紀之助翁ゆかりの田んぼで田植えが行われました!」

2015年03月16日 | コンテンツ番号 7327

八郎湖の重要な水源地谷津田再生プロジェクト

八郎湖は、アオコの発生や外来魚による食害など様々な課題を抱えています。

秋田地域振興局では、八郎湖の自然を再生させ、永きにわたり支えていくためには、地域の力が数多く存在し、それがネットワークとして結びつくことが重要だと考え、「環八郎湖・水の郷創出プロジェクト」と題し、地域活動の掘り起こしや活動への支援、八郎湖の環境に関する普及啓発などに取り組んでいます。

この度は、このプロジェクトの一環である「草木谷を守る会」の取り組みをご紹介します。

谷津田とは、山の谷間に、田んぼや小川・ため池などがセットで存在する、いわゆる昔ながらの里山風景のことをいいます。

近年、減反政策や担い手不足などから、荒廃する谷津田が全国的に増えてきました。

荒れた谷津田からは、かつて田んぼに棲んでいたカエルやヤゴ、タニシなどの水生生物だけでなく、田植えを終え、谷間に吹く涼しい風を浴びながら一休みする農家。沢水で冷やした野菜を口いっぱいにほおばる子供たち。そんな姿も消えていきます。

その状況を憂い、地域の活動団体「草木谷を守る会」(代表 石川 紀行さん)が、秋田地域振興局の助成金を活用して、減反地を田んぼとして再生し、生き物を呼び戻す活動を平成19年からスタートさせました。

活動地は、八郎湖の重要な水源地にもなっており、再生された田んぼは、水源地の重要性や、自然の大切さ、八郎湖の自然再生の必要性、農業体験などを学べるフィールドになっており、平成19年度から続く、地域の小学校とともに取り組む餅米栽培「田んぼの学校」と、平成21年度から始まった、地域と企業と連携した酒米栽培、酒づくりに取り組みます。

これにより、自然再生や農業について学ぶ将来の担い手たちの育成や、地域と企業との結びつきによる八郎湖の自然再生、できたお酒での活動PR、地域の活性化など色々な力が生まれます。

今回は、平成25年度 最初の取り組みになる、“子どもと行った餅米の田植え”およびその“活動についてのお話し”“地域と行った酒米の田植え”の模様を紹介します。

5月15日(水)田んぼの学校 活動についてのお話し

今年度から、「なぜ田んぼの体験をするのかを、事前に理解しておこう」ということで、事前レクチャーを行うことになりました。
レクチャーを受けたのは、大豊小学校5年生の子どもたち。

画像:石川理紀之助画像:事前レク

田んぼのある草木谷の場所や、そこで貧農生活を実践した秋田の聖農・石川理紀之助の紹介、田んぼの学校の目的などが説明され、子どもたちは田んぼに対する意識が高まった様子でした。

5月23日(木) 田んぼの学校(餅米の田植え)

事前レクチャーを経て、いよいよ本番の田植え。
作業は2組に分かれて、交代で行います。

片方の組は、田植え。
軍足を履いた子どもたちが、泥んこまみれになりながらも、苗を1つ1つ、一生懸命植えていきました。

画像:中にはこんな子も・・・画像:泥だらけ~
ちなみに、田んぼには大森山動物園のゾウさんの堆肥が使われています。
そして、秋に収穫して残った稲わらは、今度はゾウさんの餌として持って行かれることになります。
こんなところでも、環境に優しい循環型農業が行われています。

もう片方の班は、田んぼの周りの生き物観察。
田んぼの学校が継続的に行われる中で、周りには様々な生き物が暮らすようになりました。
夏にはゲンジボタルとヘイケボタルが一緒に飛んでいる、珍しい光景が見られ、その観賞会も行われます。
石をひっくり返し、泥水をかき回して生き物を探す子どもたちでした。
見つかった生き物たちは、みんなで観察した後、田んぼに戻されます。

画像:生きもの観察中・・・画像:こんなん捕れました!

こうして、子どもたちとの賑やかな田植えが終了。
子どもたちはこの1年間、草取り、稲刈り、脱穀に収穫祭などなど、田んぼのイベントが盛りだくさん。
楽しく、忙しい1年となることでしょう。

5月2日(日) 気軽にTry!環境活動 酒米作り 田植え交流会

こちらは、地域の方々と連携し行う、酒米の田植えの模様です。

この取り組みは、秋田地域振興局の助成金に頼らず、自己資金で行われています。

地域の活動が、自発的に、自立した活動となって大きく飛躍しています!

酒米を作って、お酒が出来るまでを楽しんでしまおうというこの企画。
同じ田んぼで行われているとはいえ、子どもたち向けの田んぼの学校とはまた違った、大人のお楽しみイベントになっております。

画像:早乙女衣装①画像:早乙女衣装②

今回の見所はなんと言ってもこれ!
昔の女性の農作業着・早乙女衣装を身にまとった女性陣です。
秋田県立大や、OLの皆さんが着てくれました。
雰囲気が華やかになっていいですよね。

画像:草木谷を守る会の皆さん画像:男衆  

もちろん、草木谷を守る会の皆さんを始め、男性陣も頑張って作業しました!

画像:集合写真画像:お昼ご飯

最後に集合写真を撮り、昨年の草木谷で収穫したお米のおにぎりなど、地元のお母さん方が用意してくれた美味しいご飯を食べて、活動終了しました。
地域内外の老若男女が集って、みんなが楽しめる、すばらしいイベントでした!

画像:餅米の収穫祭画像:酒米でできたお酒
平成24年度の様子

草木谷を守る会では、今年収穫する米で、秋には餅米収穫祭、来春には酒米でできたお酒の披露会を行う予定です。

この楽しみながら自然再生活動に繋がっているというスタンスが、地域に大きな活力を与えています。

個人が特定できる写真については許可を頂いたものを掲載しております。