県内経済動向調査結果(平成25年4月分)

2013年06月13日 | コンテンツ番号 7274

平成25年6月13日
企業活性化・雇用緊急対策本部
(産業政策課)

概況

県内経済は、個人消費は全体として底堅く推移し、公共投資も増加傾向が続いている。製造業では一部に生産の持ち直しの動きが見られるものの、雇用は改善の動きに足踏み感がうかがわれる。

主な業種とその状況

製造業

全体としては弱めであるものの、堅調な車載向け、医療関連の生産を中心に持ち直しの動きも見られる。

生産額、受注額はそれぞれ前年同月比3.4%減、同5.0%減となった。3か月先の業況見通しDIは、24.4から24.7となった。

建設業

各種経済対策などにより、公共投資は2か月連続で前年同月を上回った。

受注額、完工高はそれぞれ前年同月比1.7%増、同4.9%減となった。3か月先の業況見通しDIは、12.5から37.5となった。

小売業

行楽、園芸品などの季節需要が伸び悩んだものの、総じて底堅く推移している。

売上高は前年同月比4.4%減となった。3か月先の業況見通しDIは、▲29.6から▲11.1となった。

サービス業

旅館・ホテル業はほぼ前年同月並みの売上を確保し、運輸業で貨物取扱が堅調に推移している。

売上高は前年同月比0.6%増となった。3か月先の業況見通しDIは、10.7から25.0となった。

ダウンロード