ひより会がふるさと秋田農林水産大賞を受賞しました

2013年02月20日 | コンテンツ番号 6938

ひより会がふるさと秋田農林水産大賞を受賞しました

このほど、秋田県漁協北部総括支所女性部のひより会が、水産加工品の販売や直売活動に積極的に取り組み、地域の活性化に貢献しているとして、県知事の表彰を受けました。
今年は会の結成10周年と、おめでたいことが重なったことから、2月14日に八峰町で祝賀会が開催されました。
八森いさりび温泉「ハタハタ館」で行われた祝賀会には、県関係者のほか、八峰町副町長をはじめ町関係者、商工会長や県漁協の方々等がお祝いに駆けつけました。
初めにひより会会長の岡本リセ子さんが挨拶。「鍋通亭しょっつる」や「いかゴロ刺し」等の商品開発と販売に力を入れているものの、念願である会員揃っての海外旅行はまだ実現できていないとのことでした。
八峰町の伊藤副町長ほかの祝辞に続いて、県漁協北部総括支所の工藤支所長の発声により乾杯。
いかゴロ刺しや赤テリ、サザエなどの魚介類を味わいながらの、心温まる会でした。

写真:県知事からの賞状
県知事からの賞状
写真:岡本会長あいさつ
岡本会長あいさつ

画像:農山村活性部門掲載ページ

写真:伊藤副町長祝辞の様子
伊藤副町長祝辞
写真:集まった方々
集まった方々
写真:いかごろ刺し
いかごろ刺し
写真:多くの魚介類が並ぶテーブル
多くの魚介類が並ぶテーブル

画像:ふるさと秋田水産大賞受賞者の業績紹介冊子の表紙