感染性胃腸炎の流行に伴うノロウイルス対策の徹底について

2013年01月04日 | コンテンツ番号 6773

感染性胃腸炎については、宮崎県の医療機関において集団感染により6人が死亡した事例が発生しております。

また、県内においても、保育園、高齢者施設等において集団感染の事例が後を絶たない状況にあります。

つきましては、施設内において感染拡大を防止するため、ノロウイルス対策について徹底してくださるようお願いします。

ダウンロード

外部リンク