「振り込め詐欺」に注意してください!!

2012年12月12日 | コンテンツ番号 6744

 最近、市町村の消費生活相談窓口や健康保険担当課等に、還付金詐欺等の振り込め詐欺と思われる電話に関する相談が数多く寄せられています。また、電話で身に覚えのない医療費の請求を受けるといった架空請求詐欺と思われる相談もあります。

 つきましては、同様の振り込め詐欺が広がりを見せておりますので、被害防止のため情報提供いたします。

相談の事例

  • 市役所職員を名乗る男から「過去5年分の還付金がある。手続きしてほしい」と電話があり、男が「携帯電話を持っているか」と尋ねたので、「ない」と答えると、電話が切れた。
  • 市役所職員を名乗る男から「還付金があるが、本日中に手続が必要である」と言われ、預金口座情報を聞き出そうとしたので、不審に思い対応しなかった。
  • 社会保険庁の職員を名乗る男から「市役所の過払いがあるので、振り込みしてください。スーパーのATMに行き、着いたら携帯電話で電話してください」と言われたが、不審に思い、市役所に確認したところ、電話した事実はなかった。

相談件数

市町村の相談窓口等に寄せられた相談は、平成24年11月1日から同年12月7日までに14件となっています。

消費者の皆様へのアドバイス

公的機関は、文書で内容をご連絡しており、電話を使って連絡することはありません。
また、携帯電話、通帳等を持参してATMに向かうよう誘導することもありません。
不審な電話があった場合は、すぐに最寄りの警察署又は県生活センターや市町村の消費生活相談窓口にご相談ください。

問い合せ先

  • 秋田県警察本部県民安全相談センター 018-864-9110
  • 秋田県生活センター(秋田市) 018-835-0999
  • 秋田県生活センター 北部消費生活相談室(大館市) 0186-45-1040
  • 秋田県生活センター 南部消費生活相談室(横手市) 0182-45-6104