「公開ヨシ刈りイベント」が実施されました!

2015年03月13日 | コンテンツ番号 6616

環八郎湖・水の郷創出プロジェクト助成事業

主催

八郎湖環境保全の会(代表:柏崎富貴子)

環八郎湖・水の郷創出プロジェクト助成事業として、
今年度初めて採択された団体です。

日時

平成24年10月7日(日)午後1時~午後4時

対象者

八郎湖の水質改善に興味関心がある方

参加人数

22名

場所

  • 八郎湖天王東排水機場西側
  • 八郎湖流入用水路

画像:環八郎湖 助成事業 八郎湖環境保全の会(H24新)チラシ

集合場所からバスで移動

画像:バス車内 代表の柏崎富貴子さん

潟上市天王公民館に集合し、ヨシ刈り取り場所である天王大崎地内まで、バスに乗って移動しました。

代表の柏崎富貴子さんより“八郎湖環境保全の会”についての紹介と、これまでの活動報告がありました。
その中で紹介された「八郎湖水環境講座」についての模様は「八郎湖水環境講座」をご覧下さい。

画像:ヨシ刈り取り場所到着の様子 画像:ヨシが茂っている様子 画像:成田副代表が説明している様子

成田副代表から、作業に当たっての注意事項等の説明を受け、いよいよ“ヨシの刈り取り”スタートです!!

“ヨシ刈り”スタート!!

この日は、爽やかな秋晴れ。とんぼは風に乗り、ヨシは横に揺れながら、汗を流して励む皆さんを応援しているような、ヨシ刈りには絶好のお天気となりました.

画像:爽やかな秋晴れ 画像:鎌

画像:ヨシ刈りの様子1

画像:ヨシ刈りの様子2 画像:ヨシ刈りの様子3 画像:ヨシ刈りの様子4

画像:ヨシ刈りの様子5

大人の背丈よりも高く、とても硬いヨシ。機械が入れない場所は手で刈り取りました。
画像:ヨシ刈りの様子6

画像:バッタ 画像:刈り取って1時間で水辺が見えるようになった様子

修了証として・・・

今回のヨシ刈りは、八郎湖流域においても初めての取り組みです。

「初めての試みに、これほどの方々が集まってくれて心から感謝しています。硬くて鋭くも感じるヨシのたくましさに圧倒されたけれど、刈り取った後の景色は圧巻。ヨシは、アオコの原因となる“チッ素”や“リン”を吸収し、刈り取ることにより水質浄化に繋がる。継続するためにはまだまだ皆さんの御協力が必要と感じました。」と話された柏崎代表。

今日も、ヨシ刈りに参加して下さった皆さんには、修了証として“ヨシ”で作られたストラップが配られました。

画像:ヨシでつくられたストラップ

画像:参加者集合写真

今年はじめに発足した、八郎湖環境保全の会。
今後は、この刈り取ったヨシの一部を堆肥にし、また、ヨシを使った“小物”や“すだれ”などを通し、昔の文化に触れる活動も展開していきたいとのこと。

今後の活動の予定などのお問い合わせは
八郎湖環境保全の会事務局
018-878-2342代表柏崎氏まで

画像:八郎湖環境保全の会と書かれたストラップ

秋田地域振興局では、八郎湖の水質改善を願って活動している団体を応援しています。
このような活動をとおして、様々な活動が拡がるとともに、結びつき、地域が支える八郎湖となるよう期待しています。