B型肝炎訴訟について

2016年08月30日 | コンテンツ番号 6578

 国では現在、「特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法」に基づき、幼少期に受けた集団予防接種等の際に、注射器が連続使用されたことによってB型肝炎ウイルスに持続感染したとされる方に対し給付金等を支給しています。

 詳細につきましては、次のウェブサイトをご覧下さい。

B型肝炎訴訟について(救済対象の方に給付金をお支払いします) |厚生労働省

裁判所による和解手続きなどの司法手続きについては、もよりの弁護士事務所又はB型肝炎被害対策弁護団等にご相談ください。

TOPページ | B型肝炎被害対策東北弁護団 予防接種による被害救済 B型肝炎訴訟 弁護士