平成24年度 第63回秋田県統計グラフコンクール審査結果 附:全国(本県分)

2013年07月23日 | コンテンツ番号 6574

画像:審査会・表彰式・入賞作品の展示

第63回秋田県統計グラフコンクール

コンクールの目的

 県では、広く県民の皆様から統計に関心を持っていただくとともに、統計知識の普及と統計の表現技術の研さんを図るため、全県の児童、生徒、学生及び一般の方々から統計グラフ作品の募集を行いました。

応募状況

5部門に60作品の応募があり、参加人数は96人でした。

審査結果

 平成24年9月11日(火)、秋田県庁正庁において審査会を行い、特選3作品、入選9作品、佳作7作品、努力賞8作品を決定しました。入賞作品のうち、15作品を「第60回統計グラフ全国コンクール」へ出品しました。

 なお、県コンクールで特選・入選に選ばれた方々を、11月8日(木)に開催した平成24年度秋田県統計功労者表彰式において表彰しました。

※応募数及び入賞数、入賞者一覧、特選・入選作品は、下の「ダウンロード」からご覧ください。

第60回統計グラフ全国コンクール

 主催は公益財団法人統計情報研究開発センター。全国で23,879作品の応募があり、各都道府県のコンクールを経て全国コンクールに出品された819作品について、平成24年9月27日(木)に最終審査が行われ、部門別に入賞作品が決定しました。
 本県から出品された15作品のうち2作品が佳作に入賞しました。
 

佳作

第1部(小学校1~2年生の部)

「少子かについて考える わたしたちの町はだいじょうぶ!?」
大館市立扇田小学校 2年 金谷七海さん

第4部(中学生の部)

「この先どうなる!? 秋田の過疎事情」
大館市立比内中学校 2年 佐藤文香さん

ダウンロード

ダウンロード

外部リンク