第1回『水土里のみちウォーキング』in抱返り渓谷開催

2014年07月23日 | コンテンツ番号 6538

9月9日(日)、仙北市の抱返り渓谷(田沢湖卒田~角館町広久内)で、「第1回『水土里(みどり)のみちウォーキング』in抱返り渓谷」が開催されました。
この催しは農家以外の方にも農業水利施設への関心を持っていただくことと、健康増進に役立ててもらおうと「水土里ネット大曲仙北職員会」(注1)が主催し、ほか5団体(注2)が共催して開催したもので、近隣の市町や秋田市から72名が参加し、6.8kmのコースを歩きました。
そして、仙北地域では初の開催となる「水土里のみちウォーキング」は参加者全員が完歩することができ、盛況の内に幕を閉じました。参加者の皆さんも農業水利施設の役割と施設を管理する人々の苦労、そして仙北地域の農業水利事業の歴史について大いに理解を深められたのではないかと思います。
なお、仙北職員会では今回の盛況を受け、第2回「水土里のみちウォーキング」開催に向けて意欲を燃やしているそうです。次回はどんな施設や風景を見ることができるのでしょうか。開催が楽しみです。

(注1)「水土里ネット大曲仙北職員会」は仙北地域の土地改良区に勤務する人々が組織する団体で、農業水利施設や農業農村整備事業についての啓発活動を行っています。また、「水土里ネット」は土地改良区の愛称です。
(注2)水土里ネット秋田(秋田県土地改良事業団体連合会)、水土里ネット仙北平野、水土里ネット田沢疏水、水土里ネット七滝、秋田県仙北地域振興局

画像:受付(抱返り渓谷駐車場)の様子(その1) 画像:受付(抱返り渓谷駐車場)の様子(その2)
受付の様子です。早朝降っていた雨が上がり一安心です。
画像:開会の挨拶をする藤岡会長
出発に際して水土里ネット大曲仙北職員会の藤岡会長が開会の挨拶と注意事項の説明を行いました。
画像:ラジオ体操をする参加者
ケガのないよう出発の前にラジオ体操で体をほぐしました。
画像:玉川頭首工に向かう参加者 画像:玉川頭首工の全景
玉川頭首工に向かいました。
画像:頭首工の歩廊を渡る参加者
普段は入ることができない頭首工の管理用歩廊を通って対岸に渡りました。
画像:頭首工の説明をする柴田課長補佐
玉川頭首工では水土里ネット仙北平野の柴田水利整備課長補佐より頭首工の役割について説明がありました。玉川頭首工は国営仙北平野農業水利事業で造成された施設で、取水された水は下流の農地約1万haを潤しています。
画像:畦道を歩く参加者と稲がたわわに実った田んぼ 画像:渓谷に向かう参加者
畦道を抜けて抱返り渓谷へ向かいました。田んぼでは稲の穂が重そうに頭を垂れていました。
画像:「山伏岩」の説明をする坂本管理責任者(兼)課長補佐 画像:「山伏岩」とその下を通る田沢疏水幹線用水路の「山伏岩暗渠」
左岸幹線用水路(田沢疏水幹線用水路)が下を潜っている「山伏岩」です。水土里ネット田沢疏水の坂本管理責任者(兼)課長補佐から山伏岩にまつわる伝説について話がありました。
画像:抱返り渓谷に向かう参加者
渓谷の入り口です。
画像:遊歩道にある清水で涼を取る参加者
途中にある水場(冷たい岩清水)で喉を潤しました。
画像:水の青さに驚く参加者
玉川独特の水の色に驚いた様子でした。
画像:サクラマスを観察する参加者
サクラマスを見ることができました。
画像:抱返頭首工の説明を行う木村主査 画像:土砂吐ゲート巻上機を見学する参加者
抱返頭首工の土砂吐ゲート巻上機を見学しました。 抱返頭首工は旧国営田沢疏水開拓建設事業で造成され、国営田沢疏水農業水利事業で改修された施設です。取水ゲート2門により約3千haの農地に用水を供給しています。
水土里ネット田沢疏水の木村主査より施設について説明がありました。
画像:頭首工から見た渓谷の風景(上流) 画像:頭首工から見た渓谷の風景(下流)
抱返頭首工から見た上流(写真:左)と下流(写真:右)の景色です。普段は入ることができないので貴重な体験でした。
画像:回顧ノ滝と滝を背景に記念写真を撮る参加者
渓谷随一の見所、回顧ノ滝(みかえりのたき)です。
画像:渓谷の景色を堪能する参加者
皆さん渓谷の景色を写真に納められていました。
画像:「神の岩橋」を渡る参加者 画像:「神の岩橋」から望む「若松堰頭首工」
「神の岩橋」を渡りました。その昔、森林軌道が通っていたそうです。橋のすぐ上流には「若松堰頭首工」があります(写真:右)。下流の64haに用水を供給する頭首工で、地域用水環境整備事業により改修を行っており平成25年の完成を予定しています。くの字形をした堰は全国的に珍しいそうです。
画像:「完歩証」を受け取る参加者(その1) 画像:「完歩証」を受け取る参加者(その2)
ゴールでは「完歩証」が手渡されました。皆さんお疲れ様でした。

外部リンク