「未公開株など利殖商法」に注意してください。

2012年08月30日 | コンテンツ番号 6511

 県内で、未公開株など利殖商法に関するトラブルが多くなっていますので、注意してください。

利殖商法とは

 「高配当確実」、「絶対に儲かる」など、利殖になることを強調して、未公開株、社債、外国通貨の取引、ファンド等への投資や出資を勧誘する商法

相談内容

A証券会社から資料が届き、その後、B社証券会社から「A社の資料が届かなかったか。代わりに証券を購入してもらえれば、高値で買い取る」と言われA社の証券を購入したが、A社、B社とも連絡が取れなくなった。

「上場予定の会社の株を申し込んでもらえば、3倍で買い取る」という電話があり、しつこくて困っている。

相談件数(平成24年8月20日現在)

  平成23年度 平成24年度
 相談件数
県生活センター 75 14
市町村 158 75
233 89

県民の皆様へ

「必ず上場する」「絶対に儲かる」などと勧める安易な儲け話は、きっぱりと断ってください。

「未公開株や社債を買えば、高値で買い取る」と消費者の心理に業者は付け込んできますが、買い取りの実行が確認されたものはありません。

少しでも不審に感じた場合は、一人で判断せず、家族や周りの信頼できる人、または、最寄りの消費生活相談窓口に相談してください。

問い合せ先

  • 秋田県生活センター(秋田市) 018-835-0999
  • 秋田県生活センター 北部消費生活相談室(大館市) 0186-45-1040
  • 秋田県生活センター 南部消費生活相談室(横手市) 0182-45-6104