「高額なトイレファン修理の訪問販売」に対する注意喚起について

2012年06月20日 | コンテンツ番号 6327

 県南部及び県央部の高齢者から、「県外業者による高額なトイレファン修理の訪問販売」に関する相談が寄せられていますので、情報提供いたします。

相談内容

高齢者宅を突然訪問し、県外の事業者と名乗り、「トイレファンの調子が悪い」、「このままでは発火する。爆発する。危険だ」などと不安にさせ、トイレファン(脱臭装置)の交換の契約をするもので、「十数万円を請求され支払ってしまったが、高い気がする。解約できるか」などの相談が寄せられています。

当該事業者には、「消費者を不安にさせて、契約をしている」、「契約金額の内訳が不明確である」、「訪問販売に必要な契約書類に項目が不足するなど不備がある」、「契約書等にある連絡先に電話しても繋がらない」などの問題があります。

相談件数(平成24年4月1日~6月18日)

  • 県生活センター 1件
  • 市町村 2件
    計 3件

消費者の皆様へのアドバイス

修理の必要がなければ、はっきりと断ってください。
訪問販売で契約してしまった場合、8日以内であれば、クーリング・オフ(無条件解約)することができます。
8日を経過しても、契約書に不備があったり、勧誘方法に問題があるときは、解約できる場合があります。
不審に思った場合は、すぐに県生活センターか市町村の消費生活相談窓口に相談してください。

問い合わせ先

  • 秋田県生活センター(秋田市) 018-835-0999
  • 秋田県生活センター(秋田市)北部消費生活相談室(大館市) 0186-45-1040
  • 秋田県生活センター(秋田市)南部消費生活相談室(横手市) 0182-45-6104