平成24年度「あきた農山村・旬を感じるツアー」実践事業・実践団体(地域)を決定しました!

2014年04月14日 | コンテンツ番号 6225

 農山漁村地域を主な対象として、地域の自然、郷土料理、生活習慣、伝統芸能などの多様な資源を活用して、地域と旅行会社が連携した体験型・着地型旅行企画の実施を通じた地域づくりを実践するモデル地域(団体)を決定しました。

平成24年度「あきた農山村・旬を感じるツアー」実践事業・実践団体(地域)の選定に係る審査結果は次のとおりです。

審査結果(実施地域順に記載)

特定非営利活動法人・秋田内陸線沿線地域エコミュージアム会議/代表理事 三浦 陽一
特定非営利活動法人・能代観光協会/会長 広幡 信悦
由利高原鉄道アシストクラブ/会長 正木 正
雄勝自然を美しくする会/会長 菅 義雄

審査方法

 平成24年度「あきた農山村・旬を感じるツアー」実践事業審査要領に基づき応募書等を審査し、実践団体を決定しました。 

応募者

8団体

審査員

国際教養大学/教授 前中 ひろみ
秋田県立大学/教授 荒樋 豊
協業組合秋田県旅行業協会/事務局長 湯田 弘吉
秋田県農林水産部農山村振興課/政策監 千葉 俊成
秋田県観光文化スポーツ部観光戦略課/政策監 舛屋修美

審査会の開催月日

平成24年5月18日(金)