喀痰吸引等研修について(第一号研修、第二号研修関係)

2015年04月08日 | コンテンツ番号 6136

秋田県では、社会福祉士及び介護福祉士法の改正に基づき、特別養護老人ホーム等の施設及び居宅において、
必要なケアをより安全に提供するため、適切にたんの吸引等を行うことができる介護職員等を養成することを
目的とし、研修事業を実施しています。

社会福祉士及び介護福祉士法施行規則附則第4条に定める第一号研修及び第二号研修については、「秋田県
介護職員等によるたん吸引等研修事業実施要綱(不特定多数の者対象)」により実施しますので、参考にして
ください。

喀痰吸引等研修の概要については、こちらのページ(厚生労働省)をご覧ください。
第三号研修については、こちらのページ(障害福祉課)をご覧ください。

秋田県介護職員等によるたん吸引等研修事業実施要綱(不特定多数の者対象)の改正について

 社会福祉士及び介護福祉士法施行規則の一部改正する省令の公布に伴い、秋田県介護職員等によるたん吸引等研修事業実施要綱(不特定多数の者対象)を改正しました。(平成27年4月1日付)

 主な改正内容は次のとおりです。

  1. 研修の種別ごとに履修する特定行為が改正されたこと。
    1. 第一号研修
      口腔内・鼻腔内・気管カニューレ内部の喀痰吸引、胃ろう又は腸ろうによる経管栄養、経鼻経管栄養の5行為(改正なし)
    2. 第二号研修
      口腔内・鼻腔内・気管カニューレ内部の喀痰吸引、胃ろう又は腸ろうによる経管栄養、経鼻経管栄養の5行為のうち、実施研修を行った1~4行為
  2. 医療的ケア科目の修了者について、一部履修免除の規程を設けたこと。
  3. 帳簿の保存及び破棄について規定したこと。

研修受講者の募集等について

第一号研修及び第二号研修の開催案内・受講者募集等については、委託先である公益財団法人秋田県長寿社会振興財団(LL財団)のホームページに掲載していますので、外部リンクより御確認ください。

公益財団法人秋田県長寿社会振興財団
〒010-1412 秋田市御所野下堤5丁目1番1号
TEL 018-829-2444
FAX 018-829-2770

第一号研修及び第二号研修の実地研修について

自施設で実地研修を行う場合は、実地研修開始時又は届出事項に変更が生じた際に、「実地研修施設(変更)届出書」の提出をお願いします。届出書に必要事項を記入し、長寿社会課介護保険班あてに郵送してください。

秋田県健康福祉部長寿社会課介護保険班
〒010-8570 秋田市山王四丁目1-1
TEL 018-860-1363
FAX 018-860-3867

ダウンロード

外部リンク