相談するとどうなるの

2016年05月17日 | コンテンツ番号 590

  1. 1回から数回の指導で終了する場合があります。
  2. 継続的な関わりが必要な場合は、児童福祉司の家庭訪問、親子での通所があります。
  3. 子どもの行動観察が必要である場合は、一時保護をすることがあります。  
  4. 家庭で子どもを養育することが困難な場合は、児童福祉施設入所となることもあります。
  5. 子どもの身近な相談相手になることもできます。