「みんなが笑顔!未来の湖交流会!」が開催されました!

2015年03月18日 | コンテンツ番号 5825

湖にはわくわくがいっぱい。みんなが笑顔!未来の湖交流会!

平成23年8月1日(月)に、八郎湖流域の小学校で総合的な学習などを通して、八郎湖の水質改善を目的とした学習を行った子供達が一堂に集まる「みんなが笑顔!未来の湖交流会」を開催しました。
これは、かつての八郎湖は今と違った姿だったことを学んだ子供たちが、夏休みの1日を通して八郎湖を“見て”“触れて”“感じて”そして、学校を越えたグループによるディスカッションを行い、昔の八郎湖を取り戻すために何が出来るか、どうしたらよいかなど、八郎湖への想いを共有し、水質改善をはじめとする八郎湖への環境意識の醸成をねらいとしています。

比較的若い年齢層が担ったこともあり、子供達からは活発に意見が出され、熱意と笑顔あふれる話合いの場となりました。
原風景を取り戻すために、必要なこと、やってみようと思うこと、自分で心がけることなど、それぞれが意見を出し合いました。自分で思っているだけではダメ。今日思ったことを家に帰ってから話題にして、みんなで考えてみたい。と、想いをパワーアップさせ未来の八郎湖へ向かって大きく前進した1日となりました。

  • 開 催 日:平成23年8月1日(月)
  • 開催場所:八郎潟町大潟村
  • 参加者 :62人(天王小学校36人/井川小学校12人/浜口小学校4人/琴丘小学校10人)羽城中6名の皆さんも学習の一環として視察に来られました。
  • 時 間:9:00~16:00

まずはグループに別れて自己紹介
各小学生がそれぞれ6グループに別れて、初めての顔合わせ。
そのグループのお世話係 兼グループ討議のコーディネータを務める主なメンバーは、こちら。

写真:顔合わせ 写真:顔合わせ2 写真:顔合わせ3
秋田地域振興局で日頃は各自の業務を行いながら、横断的に組織されている「環八郎湖プロジェクトチーム員」
秋田県生活環境部環境管理課八郎湖環境対策室地域で活動されている「NPO法人はちろうプロジェクト」、「8nos!(ハチノス)」の皆さん。
写真:八郎湖の歴史を語る鐙長秀 写真:八郎湖の歴史を語る鐙長秀2
「八郎湖の歴史」NPO法人はちろうプロジェクト鐙長秀
写真:乗船(漁船)体験の様子 写真:乗船(漁船)体験の様子2 写真:乗船(漁船)体験の様子3 写真:乗船(漁船)体験の様子4 写真:乗船(漁船)体験の様子5
うたせ船を見ながらの乗船(漁船)体験
写真:八郎湖の魚とのふれあい会の様子 写真:八郎湖の魚とのふれあい会の様子2 写真:八郎湖の魚とのふれあい会の様子3 写真:八郎湖の魚とのふれあい会の様子4 写真:八郎湖の魚とのふれあい会の様子5 写真:八郎湖の魚とのふれあい会の様子6
「八郎湖の魚とのふれあい会」淡水魚研究会一ノ関晋太郎さん
写真:交流昼食会の様子 写真:交流昼食会の様子2 写真:交流昼食会の様子3
交流昼食会
写真:「八郎太郎伝説の語り」大潟村人形劇同好会坂本みほ子さん 写真:「八郎太郎伝説の語り」大潟村人形劇同好会坂本みほ子さん2 写真:「八郎太郎伝説の語り」大潟村人形劇同好会坂本みほ子さん3
「八郎太郎伝説の語り」大潟村人形劇同好会坂本みほ子さん
写真:交流会・意見交換会の様子 写真:交流会・意見交換会の様子2 写真:交流会・意見交換会の様子3
交流会・意見交換会
  • 午前中の体験感想について
  • 家庭・学校で取り組んでいること
  • これからやってみたいことなど
写真:結果発表の様子 写真:結果発表の様子2 写真:結果発表の様子3 写真:結果発表の様子4 写真:結果発表の様子5 写真:結果発表の様子6
各グループで話し合った結果発表も子供達で行いました。
知らない人の前での発表もドキドキで緊張したことと思います。今日1日で度胸もついて、参加した全員に拍手でした!!
写真:出前授業を行っているNPO法人はちろうプロジェクト藤原直人さん 写真:出前授業を行っているNPO法人はちろうプロジェクト藤原直人さん2
出前授業を行っているNPO法人はちろうプロジェクト藤原直人さん
出前授業の他、ビオトープメンテナンスで学校を訪問しており、みんなには慣れ親しんだ一人。「今日、この場で出された事を思い出して、回りの人にも伝えて、みんなで八郎湖のことを考えていきましょう。」と皆さんの活発な意見をほめて下さいました。
写真:飯島代表理事より、講評の言葉
最後に、NPO法人アサザプロジェクトの飯島代表理事より、講評の言葉を頂きました。

「出前授業では、生き物のお話しをしました。生き物の目になって、世界を見ることが大切です。生きものたちが、どうして棲みにくくなったか、あるいは減ってしまったかを考えてみると、八郎湖の環境がどう変わったか、どうすれば棲みやすい世界になるかに気がつきます。気がついた事、考えたことを話し合って提案をすれば、八郎湖も自然を取り戻すことができると思います。」

ダウンロード