水産業協同組合

2015年04月30日 | コンテンツ番号 5727

 県では水産業協同組合法に基づき、漁業協同組合が法律等を遵守して適正な事業運営を行っているか、組合の財務内容や収支の健全性が確保されているか、といったことを中心に指導監督を行っています。その手法としては、水協法に基づく検査や決算等についてのヒヤリング等によりチェックを行うとともに、改善の必要があれば改善命令等を発出して指導します。

※主な関係法令等については、下記の外部リンクとダウンロードを活用してください。

外部リンク