「元気にとしょる十ケ条」について

2016年02月18日 | コンテンツ番号 5659

 秋田県では、健康長寿社会の実現に向け、県民の皆様一人ひとりが健康長寿に向けた意識を持ち、行動するための参考としていただく指針として、「元気にとしょる十ケ条」を作成しました。※としょる=秋田弁で「年寄る。年をとる。」

「元気にとしょる十ケ条」(作成:秋田県)

  1. 腹八分 口も八分で ちょうどA(えー)
  2. 学ぶたび パワー充電 脳活性
  3. 何歳(いくつ)でも 頑張りすぎだば 逆効果
  4. 何よりも 仲間の笑顔 妙薬だ
  5. 趣味を持ち 元気でとしょる 茶飲み会
  6. 下向くな くよくよしてれば ビンボ神付く
  7. ボランティア まだまだ出来る 役に立つ
  8. 家族でも あいだ保って 良い関係
  9. かかりつけ なんでも相談 医医(いい)保険
    んでも、俺・私はやっぱりこれ!(↓自分の健康一ケ条をお書き下さい)

 県民の皆様の日々の生活や、様々な活動にご活用いただき、健康長寿実現の一助としていただければ幸いです。

※以下の取扱要領に、作成の目的や過程、今後の広報の計画等を記載していますので、ご覧ください。

※平成24年1月26日更新内容:ダウンロードファイルにパンフレットのファイルを追加