献血をするには

2017年04月01日 | コンテンツ番号 5190

献血はより多くの方のご協力が必要です。秋田県では、秋田県赤十字血液センター、アトリオン献血ルーム、さらに、献血バス(移動採血車)により協力者の募集と受入れを行っています。

献血には、装置を用いて血液中の血漿や血小板だけを採血する「成分献血」と全ての血液成分を採血する「全血献血」があり、ご協力いただける方の安全を第一として国が定めた基準により医師が判断して献血を受入れております。

また、献血にご協力いただいた方々には、7項目の生化学検査を、さらに成分献血・400mL献血にご協力いただいた方々には、8項目の血球計数検査を実施し、お知らせしています。

成分献血 全血献血
献血の種類

血小板献血

200mL献血

血漿献血

400mL献血

献血の種類 全血献血 成分献血
200mL全血献血 400mL全血献血 血漿成分献血 血小板成分献血
採血基準
1回献血量

200mL

400mL

600mL以下

(循環血液量の12%以内)

400nL以下

年齢

16歳~69歳

男性:17~69歳※

女性:18~69歳※

18歳~69歳

男性:18~69歳※

女性:18~54歳※

体重

男性:45kg以上

女性:40kg以上

男女とも50kg以上

男性:45kg以上

女性:40kg以上

最高血圧

90mmHg以上

血色素量(ヘモグロビン濃度)

男性:12.5g/dL以上

女性:12.0g/dL以上

男性:13.0g/dL以上

女性:12.5g/dL以上

12.0g/dL以上

(赤血球指数が標準域にある女性は11.5g/dL以上)

12.0g/dL以上

血小板数

15万/μL以上,

60万/μL以上

年間献血回数

男性:6回以内

女性:4回以内

男性:3回以内

女性:2回以内

血小板成分献血1回を2回分に換算して血漿成分献血と合計で24回以内

年間総献血量

200mL献血と400mL献血を合わせて

男性1,200mL以内

女性 800mL以内

※ 65歳以上の献血については、献血される方の健康を考え、60~64歳の間に献血経験がある方に限ります。

献血施設
施設名 住所 電話番号
秋田県赤十字血液センター

秋田市川尻町字大川反233-186

018-865-5541

アトリオン献血ルーム

秋田市中通二丁目3-8(アトリオン地下1階)

018-836-7811