秋田県環境調和型産業集積推進計画について

2011年07月11日 | コンテンツ番号 5151

秋田県環境調和型産業集積推進計画について~秋田エコタウンプラン~

 本県では、平成22年度からスタートした「ふるさと秋田元気創造プラン」において、あきたの強みを活かした、「環境・新エネルギーによる産業の育成・創出」、「食・農・観連携による食品産業の振興」、「東アジアとの交流拡大による貿易の振興」について、本県の自立と発展の柱となる最重要政策として推進することとしております。
 特に、環境については、持続可能な環境調和型社会の構築に向けて、北部エコタウン地域における環境・リサイクル産業のさらなる集積を推進し、国内外の一大拠点を目指すとともに、エコタウンの成果を県内全域に波及・拡大を図ることとしております。
 このため、県内企業の環境・リサイクルに対するニーズやシーズ等を調査し、学識経験者、企業、市町村、関連団体からなる委員会を設置し、新たに秋田県環境調和型産業集積推進計画~秋田エコタウンプラン~を策定しました。

 詳細については、以下の計画書をご覧下さい。