みんなで学ぼう秋田の農林水産業(平成23年用秋田農林水産業副読本)

2013年11月28日 | コンテンツ番号 5105

平成23年度版の「秋田農林水産業副読本」が完成しました

 わたしたちの住んでいる秋田県は、美しい山や川などの豊かな自然にめぐまれています。
 この豊かな自然の中で、農林水産業は営まれています。農林水産業は、わたしたちの食べ物をつくる大切な産業です。

 秋田県は、日本人の主食である米づくりがとても盛んなところです。おいしい野菜、畜産物、果物、きれいな花もつくられています。また、秋田杉などの木材生産やハタハタなどの漁も行われています。

 農林水産業・農村には、食べ物をつくるほかにも、さまざまな働きがあります。森林や水田、畑の美しい風景は、わたしたちの心を安らかにしてくれます。森林や水田には、空気をきれいにしたりこう水を防いだりする働きがあります。昔からの祭りや行事は、農村のくらしを通して続いていきます。

 この冊子『秋田の農林水産業』は、秋田県の農林水産業について、みなさんが分かりやすいように、編集しました。
 お友だちや先生、おうちの方ともいっしょに、農林水産業や農村のことをみんなで考えてみましょう。

 この副読本は自由にダウンロードできます。

 リーフレット:みんなで学ぼう秋田の農林水産業