国保税・国保一部負担金の減免制度

2013年04月24日 | コンテンツ番号 5104

災害などの特別の事情から、国保税・国保一部負担金を納めることが困難なときは、保険税・一部負担金の減免が受けられる場合があります。

詳しくは、各保険者(市町村)の国民健康保険担当窓口にお問い合わせください。

想定される特別な理由

  1. 震災、風水害、火災、その他これら類する災害により死亡し、障害者となり、又は資産に重大な損害を受けたとき。
  2. 干ばつ、冷害、凍霜害等による農作物の不作、不漁、その他これらに類する理由により収入が減少したとき。
  3. 事業又は業務の休廃止、失業等により収入が著しく減少したとき。
  4. 前各号に掲げる事由に類する事由があったとき。